ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!
検 索

ホメロ・ブリット

ホメロ・ブリット (Romero Britto)

  • 生年月日 : 1963年10月6日
  • 名前 : ロメロ・ブリット
イラストレイター、現代アート作家。ホメロ(ロメロ)・ブリットは1963年、ペルナンブッコ州ヘシーフィ生まれ。1989年からはアメリカ合衆国のフロリダ州マイアミ在住。

あまり裕福ではない家庭に生まれ育ったという幼少時から、新聞紙や段ボール、スクラップ素材などを使って創作に興味をもって想像力を発揮していたという。やがて路上グラフィティアートも描き始めた。

ペルナンブッコ州カトリック大学で法律を学んだ後、アメリカ合衆国へ渡り、同国でアーティストとしての地位を築いた。ペプシコーラ、ウォッカのアブソルートなどの広告も手掛けた。ネイマール、マドンナ、ダイアナ妃、ジウマ大統領などの肖像画も手掛けている。



キュビズム、とくにピカソに多大な影響を受けているという。

ブラジルオリンピック委員会(COB)によって、2016年オリンピックのブラジル代表団の“顔”となる8名の公式サポーター、チーム・ブラジルのひとりに選ばれている。チーム・ブラジルのメンバーはロメロ(ホメロ)のほかには、有名プロモーターのカロウ・サンパイオ、TV司会者のルシアーノ・フッキ、カリスマシェフのホベルタ・スドブラッキ、俳優のホドリゴ・ロンバルジとオタヴィアーノ・コスタ、歌手のプレッタ・ジウとトニ・ガヒードが選ばれている。

このチームブラジルには、各界で活躍している著名人の中でスポーツとかかわりの深い人たちが選ばれているとのこと。ロメロ(ホメロ)は北京オリンピックが開催された2008年に国連による"Sport for Peace(平和のためのスポーツ)"キャンペーンのシリーズ切手のイラストを手掛けている。

<参考> http://www.britto.com/ http://globoesporte.globo.com/olimpiadas/noticia/2015/01/romero-britto-e-o-oitavo-embaixador-do-time-brasil-nos-jogos-do-rio-2016.html

ホメロ・ブリットの最新情報

アメリカ合衆国の経済誌「フォーブス」ブラジル版の12月号で、ブラジル国内で最も影響力のある有名人のランキングが発表されたと「エザミ」(電子版)が12月17日付で報じた。フォーブス誌がブラジル国内でこのようなランキングを発表するのは初めてとのこと。スポーツ、TV、音楽など全てのジャンルから、名声・資産・力を基準に選出された。 さすがサッカー大国ブラジル。ペレ、ネイマールをはじめトップ10のうち5名はサッカー選手だった。4位は世界を代表するスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン。5位は年代...[続きを読む]
5月26日(木)、ブラジルは「コルプス・クリスチ(Corpus Christi、聖体の祝日)」と呼ばれる祝日でした。 「コルプス・クリスチ」は、「キリストの身体」という意味があります。Corpusというのは、ラテン語で「体、かたまり」という意味の単語です(キリストの身体と聞いて、思わずジョニィ・ジョースターが思い浮かぶ人は、ジョジョの読みすぎです)。 この日、カトリック教会では、キリストが自らの身体を犠牲にして人々の罪の清算してくださったことを感謝する宗教行事が行われます。 ...[続きを読む]
そごう・西武の基幹7店舗で開催中のブラジルフェア「Oi! BRASIL 2016 BACANA! カリオカ達のいいね!」の開催初日となった5月31日(火)、西武・渋谷店でオープニングレセプションが行われた。 総合司会を務めたのは板井麻衣子さん。 「実は今回私も、西武渋谷店で期間限定で展開をする、日本初上陸、リオ初人気ブランド、ファーム(ファーミ)のカットソーと、2011年にサンパウロのコレクションでデビューした新進系のデザイナー、カリン・フェラーのボトムスです。熱い国に行きた...[続きを読む]
ブラジルの老舗ランジェリー・ブランド「HOPE(ホープ)」が、西武池袋本店、渋谷店、そごう横浜店のブラジルフェア「Oi! BRASIL 2016 BACANA! カリオカ達のいいね!」に出品している。 ホープはこれまでにも日本でもネットを通じての販売はあったが、リアルの店舗で販売されるのはこれが初となるそうだ。 「そごう・西武がホープと出会ってから3年になりますが、日本の商習慣やマーケットを勉強していただいて、今回、満を持して展開することができました」と紹介するのは、西武渋谷...[続きを読む]
そごう・西武では5月31日(火)からスタートするブラジルフェア「Oi Brasil 2016」の一環として、ブラジルのポップアーティスト、ロメロ(ホメロ)・ブリットの作品を一堂に展示する「ブラジルが生んだ世界的ポップアーティスト Romero Britto展」を3店舗で開催する。 陽気でファンシーかつカラフルなイラストで知られるロメロ(ホメロ)・ブリットは、ブラジル国内にとどまらず、世界100カ国以上のギャラリー、美術館で作品が展示されるなど国際的に活躍している。 ロメロ(ホ...[続きを読む]
さまざまなアーティストがアトリエを構え、ブラジルの地方の郷土料理が味わえるブチキンなどが並ぶ、リオデジャネイロ市サンタテレーザ地区。 このエリアに北東部の文化を伝える施設「ブラジル・"リテラトゥーラ・ジ・コルデウ"・アカデミー」がある。版画による表紙と、韻を踏んだ詩が掲載されたリテラトゥーラ・ジ・コルデウ(紐文学)の博物館だ。 リテラトゥーラ・ジ・コルデウ(紐文学)のルーツをさかのぼると、中世ヨーロッパで流行したという小冊子にたどりつく。民衆文学を記した小冊子で、内容は英雄譚...[続きを読む]
ダンスホール(ガフィエイラ)文化の歴史があるブラジルでは、かつてはビッグバンドが一世を風靡していた。 大所帯のビッグバンドは音楽家に払う給料が大変ということで、ダンスホールの音楽はレコードにとってかわられ、ビッグバンドは次第に活躍の場を失っていった。 しかし、近年、古き良き時代に思いを馳せながらも現代の感覚でガフィエイラを演奏する新しい世代のビッグバンドがブラジルでも登場しているが、ここ日本のブラジル音楽界でも近年ビッグバンドが盛り上がっている。 この夏、ブラジル音楽を...[続きを読む]
ブラジルでは「キッチカッチ」と呼ばれて親しまれているKitKatを発売しているネスレが、ブラジル市場でユニークな広告戦略を打ち出した。 KitKatが新製品「KitKat CHUNKY」の広告戦略に持ち出してきたのは、なんと「にらめっこ」。このプロモーション企画は4月11日~13日、サンパウロ州立パウリスタ大学(UNIP)を舞台に展開された。「メイオ・イ・メンサージェン」など現地ニュースサイトが伝えた。 同プロモーションを仕掛けたのは大手広告代理店のジェイ・ウォルター...[続きを読む]