ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!
検 索

ゼー・ヘナート

ゼー・ヘナート (Zé Renato)

  • 生年月日 : 1956年4月1日
1956年4月1日にエスピリットサント州ヴィトーリアで生まれたゼー・ヘナートは学生時代から歌謡音楽祭への参加を機に音楽活動をスタートさせた。

1976年、ジュッカ・フィーリョ、マルコス・アリエウ、アントニオ・サンターナと共にグループ、カンターリスを結成。グループは1978年、国立芸術基金(フナルチ)が主催した、ブラジルの新人音楽家を紹介するプロジェクト“ヴィットリーニ”に参加。同プロジェクトにより4曲入りのEPも録音した。1979年にはTVパラナ―のテレノヴェラ「マリア・ブエーノ」のサントラEPにも参加している。

1979年、マウリシオ・マエストロ、クラウヂオ・ヌッシ、ダヴィヂ・チジェウと共にヴォーカルグループ、ボッカリヴリを結成した。ボッカ・リヴリは80年代初頭に活躍した後、90年代後半にも世界を舞台に活躍している。

グループと並行してソロでも活動しているほか、1984年にはボッカ・リヴリのクラウヂオ・ヌッシとのデュオユニットでも作品を発表。同アルバムからはテレノヴェラ「ホッキ・サンテイロ」に表題曲と「ア・オーラ・イ・ア・ヴェス」が収録された。

1985年、アントニオ・カルロス・ジョビンが音楽を手掛けたテレビのミニ・シリーズ「オ・テンポ・イ・オ・ヴェント」(原作エリコ・ヴェリッシモ)に参加(「ホドリゴ、メウカピタォン」、「ドナ・バビアーナ」)。

1986年、ボッカ・リヴリのクラウヂオ・ヌッシ、カンターリスのマルコス・アリエウや、ヒカルド・シウヴェイラ、ゼー・ノゲイラ、ジュリン・モレイラ、ジョアン・バチスタと共にバンダ・ジウを結成。バンダ・ジウは3作のアルバムを発表しており、国外でも高い評価を得ている。

1987年、アル・ディメオラのアルバム「ティラミス」にヴォーカリストとしてフィーチュアされ、合衆国とヨーロッパのツアーにも参加した。

90年代以降は、サンバに取り組んだ作品を発表している。

シウヴィオ・カウダスに捧げられたアルバム「アハンニャ・セウ」、ゼー・ケチに捧げられた「ナトゥラウ・ド・リオデジャネイロ」、ノエウ・ホーザとシコ・ブアルキ作品集「フィロゾフィーア」を発表したほか、エウトン・メデイロス、ヴィニシウス・ジ・モライスの孫マリアーナ・ヂ・モライスとの共演によるショウ、シウヴォ・カウダスのトリビュート・ショウ「シウヴォ・カウダス・90アノス」も行った。

2014年には“ボッサ、ジャズ・イ・ムイト・マイス”プロジェクトの一環でZRトリオを結成。トリオにはホムロ・ゴメス、トゥッチ・モレーノが参加した。

2017年にはタンバ・トリオのルイス・エサへのトリビュート作品「エン・カーザ・コン・ルイス・エサ」に、ドリ・カイーミ、エドゥ・ロボ、トニーニョ・オルタらと共に参加した。

1979年「ボッカ・リヴリ」ボッカ・リヴリ
1980年「ビシクレッタ」ボッカ・リヴリ
1981年「フォリア」ボッカ・リヴリ
1982年「ア・フォンチ・ダ・ヴィーダ」
1983年「ボッカ・リヴリ」ボッカ・リヴリ
1984年「ルース・イ・ミステリオ」
1985年「ペロ・シン・ペロ・ナォン」ゼー・ヘナート&クラウヂオ・ヌッシ
1988年「ペガーダス」
1988年「ジウ」バンダ・ジウ
1989年「ボッカ・リヴリ・エン・コンセルト」ボッカ・リヴリ
1990年「ジウ」バンダ・ジウ
1992年「ダンサンド・ペラス・ソンブラス」ボッカ・リヴリ
1992年「ポント・ジ・エンコントロ」ゼー・ヘナート、ヴィトール・ビリオーニ、リット・ネビア
1993年「アハンニャ・セウ」
1995年「ナトゥラウ・ド・リオデジャネイロ」
1995年「ソングボッカ」ボッカ・リヴリ
1996年「アメリカーナ」ボッカ・リヴリ
1997年「20アノス・コンヴィーダ」ボッカ・リヴリ
1997年「ア・アレグリア・コンチヌーア」エウトン・メデイロス、マリアーナ・ヂ・モライス、ゼー・ヘナート
1998年「シウヴォ・カウダス・90アノス」
1999年「カボー」
2000年「ボッカ・リヴリ・14BIS」ボッカ・リヴリ
2000年「メモリアウ」ヴァギネル・チゾ&ゼー・ヘナート
2000年「ナヴィガンチ」ゼー・ヘナート・イ・トリナドゥス
2001年「フィロゾフィア」
2003年「ミーニャ・プライア」
2007年「ボッカ・リヴリ・イ・アオ・ヴィーヴォ」ボッカ・リヴリ
2008年「エ・テンポ・ヂ・アマール」
2009年「アオ・ヴィーヴォ」
2010年「パポ・ヂ・パッサリン」
2011年「ブレヴェス・ミヌゥートス」
2014年「オ・ヴェント・ナ・マドルガーダ・ソプロウ」ゼー・ヘナート・トリオ
2018年「ベベドウロ」
2019年「ジウ・アオ・ヴィーヴォ」バンダ・ジウ

ゼー・ヘナートの最新情報

ジョイス・モレーノ(左)とゼー・ヘナート(右)(写真提供/コットンクラブ) すっかり夏から秋にかけての風物詩となったジョイス・モレーノの来日公演。2019年はボサノヴァの名曲に取り組む構成になるという。 そしてジョイスの公演では、スペシャルゲストの存在も楽しみのひとつ。これまでも、ブラジル音楽界のレジェンドから隠れた才能まで、実に様々な音楽家がジョイスによって日本に紹介されてきた。 2019年は、コーラス・グループ、ボッカ・リヴリの一員としても知られるシンガー・ソングライター...[続きを読む]
ボボー・ヂ・カマラォン販売中(撮影/麻生雅人) 藤沢市の8ホテルで、ブラジルのフードや雑貨のマルシェ&DJイベント「SHONAN BRAZILIAN TIME」がスタートしました。夜22時まで開催しています。 「SORTE Brazil」(撮影/麻生雅人) リオ発ジルソン・マルチンスは湘南に似合う!(撮影/麻生雅人) ジャンブーは藤沢市民にも衝撃の味!?(撮影/麻生雅人) 雑貨もいろいろ (撮影/麻生雅人) カイピリーニャ、クラフトカシャッサとカジューのス...[続きを読む]
ピラニア・ラーメン(写真提供/ Holiday Jack株式会社 ) 南米アマゾン川流域に生息するピラニアは、現地では食用魚としても親しまれている。レシピも煮魚、焼き魚、フライなど豊富にある。 中でもポピュラーな料理のひとつが、ピラニアの煮込みスープ料理 「ピラニア汁(カウド・ジ・ピラーニャ)」 だ。たまねぎ、にんにく、パクチーなどと共にピラニアを煮たこのシンプルな料理は、栄養が豊富なことでも知られている。 ピラニア(写真提供/ Holiday Jack株式会社 ) ...[続きを読む]
「想いあふれて」の演奏でも知られるフランチェスコ・ブッズッロ(写真提供/在日イタリア商工会議所) 日本最大級のイタリアン・フェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ」。 2019年の東京会場のイベントは7月6日(土)~7日(日)に赤坂で開催されたが、大阪では9月18日(水)~23日(月・祝)に、“ラグビー版”仕様「カットリーカ・ピアッツァ・イタリア」として開催される。 ラグビーワルドカップ2019日本大会と開催期間と重なる「カットリーカ・ピアッツァ・イタリア」は、メイン会場の大阪のほ...[続きを読む]
今のMPB(ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ)界を支える重要な男性シンガー、へナート・ブラスの来日ツアーが決定した。 サンパウロ出身のへナート・ブラスは1996年、28歳のときにCDデビューを果たし、2002年に新人の登竜門であるシャープ賞を受賞。ユニット作も含めると、これまでに10枚以上の作品を発表している。 自らが血を引く先住民族グアラニー族の音楽から、ムジカ・カイピーラ、ミナスジェライス州に伝わる音楽などをルーツに持ち、ヴィラ・ロボスからアリ・バホーゾ、ドリヴァウ・カイ...[続きを読む]
エドマール・カスタネーダ meets ヤマンドゥ・コスタ(写真提供/ブルーノート東京) 2018年11月にブルーノート東京に初出演したブラジルの7弦ギター奏者ヤマンドゥ・コスタが、再び同店のステージに帰ってくる。 今回のステージはコロンビアのハープ奏者エドマール・カスタネーダとの共演で、両名の共演は世界初となるという。 コロンビア生まれのエドマールは13歳からハープの演奏を始め、1990年代半ば以降、N.Y.のジャズ界で創造的な活動を続けている。 驚愕のテクニックと...[続きを読む]
トニーニョ・オルタ (左)とヂアナ・オルタ・ポポフ (写真提供/ブルーノート東京) キャリア50年を迎えたミナスジェライス州出身のギタリスト、トニーニョ・オルタが、2006年のカート・ローゼンウィンケルとの共演ステージ以来、約13年ぶりにブルーノート東京のステージに立つ。 今回のステージは、トニーニョの姪にあたりユーリ・ポポフの娘でもある、ミナスジェライス州出身の気鋭の女性歌手 ヂアナ・オルタ・ポポフ との共演となる。 ヂアナは2018年にアンドレ・メマーリのプロデュースに...[続きを読む]
新生アジムスの面々(写真/Marcus Schaefer/Divulgação) 日本ではボサノヴァのリスナーからクラブミュージック愛好家まで、幅広く絶大な人気を誇るブラジルのインスト~クロスオーヴァーサウンドのバンド、アジムス(アジムチ)がブルーノート東京に帰ってくる。 しかも、グループの結成自体に大きくかかわったマルコス・ヴァーリとの共演だ。 2012年に初代キーボード奏者ジョゼー・ホベルト・ベルトラミが他界した後、アジムスのイヴァン・コンチ(ドラムス)とアレックス・マリ...[続きを読む]
8月7日、 ONE Championship の都内オフィス (撮影/Viviane Yoshimi) 8月7日(水)シンガポールの格闘技団体ONE Championship の都内オフィスにて、10月13日(日)に再上陸が予定されているONEの日本大会「ONE: CENTURY 世紀」における、「修斗」・「パンクラス」対抗戦の対戦カードが発表された。 「修斗」も「パンクラス」も長年日本のMMA(総合格闘技)を支えている国内MMAのプロモーションであり、10月の ONE日本大会で両...[続きを読む]
スカパー!プレミアムサービス、またはスカパー!プレミアムサービス光で楽しめるデジタル音楽放送チャンネル「スターデジオ」(100ch音楽ラジオPS400~499)。 同局では、チャンネル474にて毎日、ボサノヴァをテーマにした選曲を放送している。放送は6時間単位のプログラムになっており、4時、10時、16時、22時の1日4回、放送している。 また、6時間のプログラムは約1時間づつのブロックが6回で構成されており、選曲は年代を問わず、ブラジル産の本物のボサノヴァから、ボサノヴァに...[続きを読む]