ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル映画「Hoje Eu Quero Voltar Sozinho」、日本のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭に出品

ブラジル映画界の新鋭監督ダニエウ・ヒベイロ(ダニエル・リベイロ)監督の初の長編映画「Hoje Eu Quero Voltar Sozinho」(2014)が、日本の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」に出品されることがわかった。映画祭での邦題は「彼の見つめる先に」となる。


続きを読む

電話するときは旦那に秘密でね、というタクシー運転手(20歳)

久しぶりに、よ~くしゃべるタクシーの運転手に出会いました。カルロス君(仮名・20歳)。「普通の黒人のように俺の鼻はつぶれていないだろ? 白人みたいってよく言われるんだ」という顔をした青年です。

「タクシーで送り迎えする運転手、必要じゃない? 俺のこと、月契約とかで雇ってくれないかな?」


続きを読む

ブラジル、今年の「恋人の日」商戦は苦戦!? それでもラインナップ続々。チョコレートでは高カカオ含有チョコも注目!?

ブラジルでチョコレートの消費が圧倒的に高まるのは4月ごろに行われるパスコア(復活祭)の時期ですが、恋人の日、クリスマスシーズンなど、贈り物が行われる時期にも注目されるようです。

6月12日は恋人の日ということで、ブラジルではファッション、化粧品、雑貨など様々な分野の企業がプレゼント商戦の企画を打ち出しはじめています。ただし2014年はワールドカップの開催日と重なっているため、例年のような盛り上がりが期待できないという市場の声もありますが…。


続きを読む

男女の力関係は何で決まる?

日本では、「経済力が理由で離婚したくても、できない」という話、割と聞きますね。ブラジルは、結婚すると女性が家庭に入る、という社会ではありません。比較的裕福な家庭では、家政婦やベビーシッターを雇って、母親になっても、身綺麗にして、外での仕事に戻るのが一般的です。


続きを読む

ブラジル版(間接的)阿部定事件の犯人の女医、逮捕される

4月1日(火)、逃亡していたミナスジェライス州出身の女医Myriam Priscilla de Rezende Castro ミリアン・プリシラ・ヂ・ヘゼンヂ・カストロがサンパウロ郊外で逮捕されたと同日付け「G1」、「UOL」(共に電子版)が伝えた。


続きを読む