• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

統一選挙正式にスタート。大統領や知事候補ら街頭へ

ジウマ大統領

10月の統一選挙に向けたキャンペーンが(7月)6日から解禁となり、候補者達が一斉に活動開始と6、7日付伯字紙が報じた。統一選では大統領や州知事、国会議員、州議員の改選が行われる。

選挙裁判所での正式出馬登録の受付は(7月)5日からで、労働者党(PT)のジウマ大統領と民主運動党(PMDB)のミシェル(ミシェウ)・テメル副大統領のコンビは「民衆の力と共に」という名前で登録。民主社会党(PSDB)のアエシオ・ネーヴェス(ネヴィス)氏とアロイジオ・ヌーネス(ヌニス)氏のコンビは、故タンクレード・ネーヴェス(ネヴィス)氏が大統領選で使った「ブラジルを変えよう」というモットーをシャッパの名称として登録した。

社会党(PSB)の大統領候補エドゥアルド・カンポス氏は、息子のジョゼ君(9)と副候補のマリーナ・シウヴァ氏同伴で5日に聖市の日本祭り会場を訪問し、日系社会の支援を求めた。

同日の日本祭りにはパウロ・スカッフィ聖州知事候補も上議選出馬のカサビ前聖市市長(社会民主党)同伴で参加した。また、6日にはPSDBのアエシオ、ヌーネス正副大統領候補とセーラ上議候補、再選を目指すアウキミン聖州知事が参加し、達磨に片目を入れていた。

ジウマ大統領はキャンペーン初日を大統領官邸で過ごしたが、再選を目指し「高いレベルで討議する」とアピールするビデオは6日に選挙用のサイトに掲載された。

リオ州では知事候補のルイス・フェルナンド・ペゾン氏(PMDB)やマルセロ・クリヴェラ氏(ブラジル共和党)、リンドベルグ・ファリアス上議(PT)が、早朝のミサやフェイラの訪問などを行い、支援をよびかけるなど、選挙民に触れるため街頭に出た候補達の姿が各地で見られた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)
自らも出馬するジウマ・フセフィ(ルセフ)現大統領

■関連記事
10月選挙、各政党が続々と候補発表。アエシオは政権奪取誓う。PSBは連立与党批判展開。「嫌悪に勝つ」とルーラ
ネイマールがグランジャ・コマリーを訪問。会見では「車椅子の可能性もあった」と語る
ネットで話題の美女サポーターがモデルとしてデビュー
ネイマール、ブラジルがW杯決勝に進出した場合、鎮痛剤を使った復帰の可能性を医師と話し合っていた
W杯敗退後、ブラジル代表ユニフォーム価格はNYで半値に

このエントリーをはてなブックマークに追加