• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

労働者党(PT)テレビ放送に高所得者層が抗議運動

ルーラ前大統領

5月5日夜、午後8時30分からの10分間、労働者党(PT)の宣伝放送が行われた。

それと同時に、鍋を叩いて抗議の意思を示す”パネラッソ”による現政権への抗議運動が全国各所(確認されている限りで18州と連邦直轄区)で発生したと6日付伯字各紙・サイトが報じた。

この抗議行動はインターネットやメッセージアプリで参加者が集められ、午後9時25分頃まで続いたという。

メンサロン事件やラヴァ・ジャット作戦(ペトロブラス贈収賄事件関連の連邦警察による特別捜査)による一連の報道で急落した労働者党(PT)のイメージ回復に努めるため、出演は控えるべきとのルーラ前大統領の示唆により、ジウマ大統領は番組には出演しなかった。

サンパウロ市でのパネラッソはジャルジンスやモルンビ、イタイン・ビビなど、高所得者層が多く住む地域で顕著で、ジウマ大統領に代わってテレビに出演したルーラ氏が野次の標的になり、「出て行けルーラ」との声が響いた。

「3・15デモ」や「4・12デモ」に参加し、今回のパネラッソを指揮したグループの一つの「ヴェン・パラ・フア」の広報担当で企業家のホジェリオ・シェケール氏は今回の抗議運動について語った。

「今回の抗議行動の特徴は、ルーラ前大統領も国民の不満のターゲットとなったことです」(ホジェリオ・シェケール氏)

10分間の放送には二つの要点があった。

派遣法への反対姿勢と、汚職根絶への取り組みの自己宣伝だ。

ルーラ氏は派遣法を強く批判した。

「今日、労働者が持っている数々の権利は空から降ってきたものではなく、長年の戦いの結果勝ち取ったもので、4330号法案(派遣法)はこの歩みを後退させるものだ」(ルーラ前大統領)

「汚職で有罪になった者は、誰であれ、除籍される。よって、マスコミが、一部の党員の過失を理由に党全体を攻撃する事も受け入れない」(フイ・ファウカォン労働党(PT)党首)

アエシオ・ネーヴィス民主社会党(PSDB)党首は、放送後に同党のフェイスブックページで「この放送は現在の経済危機を招いたジウマ大統領を矢面にさらすのを回避した」が、「一政党が偏った視点で作った嘘と虚構に満ちた宣伝放送にすぎず、何百万人もの労働者の知性を馬鹿にしている」と批判した。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Ricardo Stuckert/Instituto Lula)
写真は3月28日、サンパウロ市で行われた労働者党(PT)の集会で演説を行うルーラ前大統領

■関連記事
デング熱、既に年間死者数の記録更新
インテルナシオナウがカンピオナート・ガウーショ2015を制す
ブラジルの下院で派遣法修正案承認。連邦政府の思惑反映されず
「ぽるとがる」がアサイーのメロンパンを季節限定発売
ネイマール、メッシ、スアレスの南米トリオで102点。バルサの歴史を塗り替える

このエントリーをはてなブックマークに追加