• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

住友ゴム工業、パラナ州にタイヤ工場を開所

住友ゴム池田社長

住友ゴム工業は、同社グループとして中南米で初となるタイヤ工場Sumitomo Rubber do Brasil Ltda.(SRB)の開所式を10月3日(木)に行ったことを発表した。

開所式にはパラナ州知事、ファゼンダ・リオ・グランデ市長をはじめとする現地州・市関係者、在クリチバ日本国総領事、住友ゴム工業の池田社長、Sumitomo Rubber do Brasil Ltda.の小田社長など、総勢約460名が出席した。

「住友ゴムグループにとって、ブラジル工場から中南米市場にタイヤを供給していく事が成長のエンジンとなり、またそれがブラジルやパラナ州の経済発展に寄与できるものと確信している」(池田社長、写真)

住友ゴム工業によると、ブラジルを中心とした中南米地域では、堅調に成長を続ける経済の下で自動車産業が急速に拡大、それに伴い自動車タイヤの需要も増加しているという。同社はブラジル工場の稼動により、同地域での供給体制を強化、タイヤ事業の一層の拡大に取り組む。

<ブラジル工場の概要>
会社名 :Sumitomo Rubber do Brasil Ltda.
代表者名 :小田一平
所在地 :パラナ州ファゼンダ・リオ・グランデ市
設立 :2011年7月
事業内容 :自動車用ラジアルタイヤの製造・販売
総投資額 :7億5千万レアル(約353億円※)
資本金 :6億レアル(約282億円※2013年9月時点)
資本構成 :住友ゴム工業(株) 100%
生産開始 :2013年10月
生産能力 :15,000本/日(2015年末)
敷地面積 :約50万平方メートル

※1レアル=47円にて換算

(文/麻生雅人、写真提供/住友ゴム工業)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事