• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロ州でバス34台が放火で被害は約4億円。
麻薬取引をめぐる殺人事件と関連か

サンパウロ州オザスコで4月22日 (火) 朝、この地域の主要路線バス会社であるUrubupungá ウルブプンガが所有する34台ものバスが、敷地内の駐車場で燃やされる事件が起きた。

これにより、約2万人の市民の足に影響が出て、バス会社は約1,000万ヘアイス (約4億円)の損害をこうむった。 市警察によると、同日午後に容疑者の1人、Edilson Almeida Silva エヂウソン・アウメイダ・シウヴァ (19)を、現場から1kmほどの彼の自宅で逮捕したという。現地メディア(「UOL」、「エポカ」4月22日付、電子版)が報じた。

容疑者の双子の兄弟であるEdenilson エデニウソンが、バス火災の前日の21日夕方、Parque Oeste パルキ・オエスチ周辺で24発もの銃弾を浴びて殺害されており、アストラモデルの黒い車から降りてきた2人の男が目撃されているという。

警察署長であるPaulo Tucciパウロ・トゥッチさんによると、死んだ少年は麻薬取引のために警察に逮捕されたことがあり、バス火災とこの殺人事件のあいだに、何らかの関係があるとみて調査中だという。

(文/柳田あや)

■関連記事
映画で警官に銃殺されるファヴェーラの住民役を演じた人気ダンサーが不審死。地域住民が警察と衝突
ブラジルのコンピュータサイエンス学生が全国盗難検証マップを開発。ワールドカップ日本戦開催都市の犯罪発生件数は...
リオのデモで覆面グループがバスに放火
ファヴェーラの常駐警察UPP支部、一夜に3箇所が攻撃される
2014年に起きた5回のW杯抗議デモ

このエントリーをはてなブックマークに追加