• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオデジャネイロで賞金首の密売人がオリンピック村に侵入、記念写真を撮影

リオ、密売人プールに侵入

「プールって最高! メンツをつぶしてやったぜ。わかったか?」。

リオデジャネイロ市北部のオノーリオ・グルジェウ地区にあるオリンピック村のプールに、ライフルを掲げた数名の密売人たちが侵入。ライフルを掲げて記念撮影を行った。テレビグローボのニュース「ジョルナウ・ナシオナウ」や現地メディア(「エキストラ」、「G1」10月20日づけ)が報じている。

写真が撮影されたのは市内にあるオリンピック村施設のうち、オノーリオ・グルジェウ地区にあるフェリックス・ミエリ・ヴェネランドのプール。

2016年のオリンピック・パラリンピックに向けて建設され、人材育成などに利用されている。撮影が行われたとおもわれる時間には利用者はいなかったという。

パヴァーナ地区の39分署は、密売組織の抗争事件に関する通話音声を入手しており、音声の中にプールに関するコメントがあった。すでに通話の主である密売人を特定しており、行方を追っているという。警察が入手した音声と写真はメディア「エキストラ」に公開された。

音声の主はリオ市北部パヴーナ地区にあるモーホ・ダ・ペドレイラの密売組織の中心人物セウソ・ピニェイロ・ピメンタ(通称プレイボーイ)。冒頭のコメントも音声の中にあるもの。

プレイボーイは逃亡中の身で、逮捕につながる情報提供に対して2万ヘアイス(レアル)の賞金がかけられていて、この賞金はこれまでの最高額だという。

文民警察の捜査によると、プレイボーイが指示したモーホ・ド・ペドレイラの組織は2週間前に、隣接するプロエンシア・ホーザとパルキ・ムンヂアウのコミュニティを襲撃しているという。

(文/麻生雅人、写真/Jornal Nacional/TV Globo)
「ジョルナウ・ナシオナウ」は日本ではグローボインターナショナル(スカパー! ch514)で放送中

■関連記事
ブラジルのサッカー・サポーター、乱闘でまたも死者
米州ボリバル同盟諸国がハバナでエボラ対策会議。中南米への拡散防止と西アフリカ支援計画を承認
デング熱にかかった歌姫イヴェッチ、Facebookにメッセージ「体が痛い!」
リオ市で、ファヴェーラの住環境が改善され家賃値上がり。追われた人々が新たなファヴェーラを形成
ネイマールに続くブラジル期待の星、”ガビゴウ”ことガブリエウ、U21ブラジル代表に招集される

このエントリーをはてなブックマークに追加