• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

水不足のサンパウロ、水道使用を週2日にする計画断水案も浮上

サンパウロ州水不足への抗議

水不足の続くサンパウロ州では最悪の場合は「1週間に5日間断水する」(計画断水)プランが計画されており、その採用が4月上旬を目処に検討されていると28、29日付の伯字各紙が報じている。

ジェラルド・アルキミン(ジェラウド・アウキミン)サンパウロ州知事(民主社会党・PSDN)によれば、同措置は、現在貯水率が5.1%まで落ちているカンタレイラ水系を枯渇の危機から救う最終手段だ。

同水系は620万人の水瓶で、サンパウロ市の場合は北部全体、東部、西部、南部、中央部の一部に水を供給している。

サンパウロ州水道公社(Sabesp)は計画断水がカンタレイラ水系の供給圏だけ対象の断水とするのか、他の水系から給水する地区も含めたものか、断水は5日間連続するのか、給水日をはさむのかなどの詳細を明らかにしていない。断水の日数は2月の雨量や各種の対策の進行状況によって決まるという。

計画断水が実施されれば、アルキミン(アウキミン)知事の採った水不足対策としては、水圧低下、過剰消費追徴金よりも更に厳しい措置となる。

1985年~2000年の間、サンパウロ州のある地域では3日に1日は完全断水という措置がとられていた。専門家は、給水日が短ければ一番遠い所に水が届かない恐れがあるので、給水日は2日連続にすべきだという。

昨年の知事選で「水の供給は問題ない」「給水制も断水もない」と語ってきたアルキミン(アウキミン)知事には苦渋の決断となりそうだ。

Sabespは1年前、カンタレイラ水系から給水している地域限定で「3日に1回24時間断水」の節水案を提案したが、実現しなかった。この案が実行されていたら、同水系の水は12.3%節約できていたという。

他方、リオ州のフェルナンド・ペザン知事とミナス州のフェルナンド・ピメンテル(ピメンテウ)知事は28日、ブラジリアでジウマ大統領と会って水危機について話し合ったが、リオ州知事は計画断水、水圧低下、追徴金の可能性を否定、ミナス州知事は今後の雨次第で全ての方策はやむなしとし、見解が分かれた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Paulo Pinto/Fotos Públicas)
写真は1月28日、サンパウロ市。市役所前で水不足に対する抗議運動をする人々

■関連記事
リオグランジドスウ州渓谷下り隊を襲った悲劇。滝から転落し2名死亡
1960年代に描かれた壁画「ジラウドの最後の晩餐」修復プロジェクトが始動
サンパウロがサンパウロであるための5つの理由とは
ブラジル人の約45%がコンドームを使用しない!?
違反したらねこパンチ!? ペット販売で、環境や心身状態のケア、義務付けられる

このエントリーをはてなブックマークに追加