• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

密輸による経済的損失は年間約4兆円以上

foz do iguacu

密輸貿易撲滅の日の(3月)3日、ブラジルでは密輸品が正規市場の商品を駆逐し、年1千億レアル以上の損失を与えているとテレビや伯字紙サイトが報じた。

ブラジルは11州が10カ国と国境を接しており、国境付近では至る所で密輸の問題が起きるが、密輸の摘発は10%程度。密輸品の押収量が最も多いのはパラナ州フォス・ド・イグアスで、同市を経て持ち込まれる密輸品は年200億レアルに上ると見られている。

同市で押収された密輸品で最も多いのは67.44%を占めるパラグアイ産のタバコで、密輸タバコが正規操業の国内企業に与える損失は年64億レアル、政府が徴収し損なう税金は45億レアルに上るという。

同市で押収されたその他の密輸品は、電化製品15.42%、情報処理器機5.04%、衣類3.03%、香水2.45%、時計2.03%、メガネ1.50%、医薬品0.85%、飲み物0.35%など。

密輸品は国内企業や政府の懐に損失を与えるだけではなく、非正規雇用拡大などの問題も招く。フォスでは正規雇用の労働者は29%のみで、密輸絡みの荷役や配達、車の運転、警備などに従事する非正規雇用者は約1万5千人、平均給与は月985レアルという。

専門家によると、パラグアイで商品を買い、国内で転売するサッコレイロの害は、高度に組織化され、扱う量や額も多い密輸グループによる害に比べれば僅かだ。密輸グループが使う乗り物の6割は盗難車か分割購入車で、多くの場合、ローンの支払いは無視される。

連邦歳入局が摘発して強制収容する車の62%は密輸タバコを積んだもので、密輸タバコの最大の市場はサンパウロ市だという。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Polícia Federal Foz do Iguaçu)
写真は2014年4月3日、フォス・ド・イグアスで押収された密輸品

■関連記事
【ブラジル】農協婦人部連合会、「惣菜コンクール」を提案
フォーブス誌、2015年版長者番付を発表。ブラジルで10億ドル以上の資産を持つ富豪は、過去最高だった昨年を上回る
ブラジル人は必要量の1.5倍の砂糖を消費している!?
サンパウロ名物の交通渋滞、逸失利益は1日約21億円!
砂糖不使用。シュラスコ味からマンゴー味まで。酷暑のブラジルで大好評。犬用アイスクリームは人間が食べても美味しい!?

このエントリーをはてなブックマークに追加