• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

下院議会、州や市など自治体の負債削減を要求

リオ五輪ゴルフ場を視察するエドゥアルド・パエス市長

(ブラジルの)下院議会は24日、ジウマ大統領に対し、昨年11月に批准された、各自治体の連邦政府への負債の利率を減らし、過去に遡って算定しなおす法令の早期適用のための詳細を30日以内に定めるように求めたと25日付伯字紙が報じている。

その数時間前、ジウマ大統領はリオ市の負債返済に、経済基本金利か拡大消費者物価指数(IPCA)の中のより小さい指数+4%の年利適用を認めた裁判所の暫定令に対し、「財政調整の只中に自治体の負債削減のための財源を国庫から出すのは『無分別で一貫性を欠く』」と述べた。

また、現行の最低賃金算定法を19年まで延長する暫定令への署名の際も、「各自治体の負債を国庫で穴埋めする余裕など無いが、各州との合意点を探っていきたい」「国庫の状態が改善されたら、この問題を解決する意志はある」と続けた。

アロイージオ・メルカダンテ(メルカダンチ)官房長官もこれに先立ち、財政支出削減努力の最中であることを強調し、自治体との合意にはジョアキン・レヴィ財務相の同意が必要だと述べた。同法案は負債額が大きいサンパウロ市とリオ市に多大な恩恵をもたらす。

エドゥアルド・クーニャ下院議長とレナン・カリェイロス上院議長(共に民主運動党・PMDB)は即座に会合を持ち、政府には30日間の猶予しか与えない意向を表明した。同党下院リーダーのレオナルド・ピッシアーニ下議は同夜、期日付で施行細則を定めるよう求める法案を提出し、「自治体の負債額見直し法案は早急に実効性を持たなくてはならない」と述べた。

この議案は数時間で全ての委員会を通り、本会議にかけられた。同議案にはジウマ大統領が所属する労働者党(PT)まで賛成に回り、賛成389、反対0、棄権2で可決され、上院に送られた。

カリェイロス上院議長は、「各自治体に1990年代からの法外な利子を払うことを強いることはできない。そんな事をしていれば、各自治体は人件費や公共投資、保健、保安、教育に資金が向けられなくなる」と述べた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Tomaz Silva/Agência Brasil)
写真は3月25日、リオデジャネイロ。リオ五輪のゴルフ試合場候補地を視察するエドゥアルド・パエス市長(中央)。連邦政府の経済スタッフは施行細則の策定を先延ばししたかったが、リオのパエス市長は裁判所にも働きかけて法制化を求めていた

■関連記事
阿川佐和子さんが久保田邸前をパレード
「ミシュランガイド」初のブラジル版が発売に。和食店も星を獲得
アカデミックにアマゾンと向かい合える「大アマゾン展」
第2回 名古屋ブラジルフェスタは2015年5月30日(土)、31日(日)に開催
「地球上で最も美しいビーチ」、ついにGoogleストリートビューに登場

このエントリーをはてなブックマークに追加