• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで高級車の販売、昨年同期の18%増加

アウディ

乗用車や軽量の商用車の販売が大幅に落ち、過剰在庫や生産調整、解雇やレイオフといった言葉が聞こえるブラジルの自動車業界。

しかしそんな中、高級車の販売は逆に伸びていると5月14日付「エスタード」紙が報じた。

国内で販売される高級車の70%を占めるドイツ系企業のアウディとBMW、メルセデス・ベンツの3社は、1~4月に、昨年同期の1万1807台を18%上回る1万3936台を販売した。

これら3社が扱っている車は、1台が9万6千~95万9千レアルだ。

メルセデスは1~4月に昨年同期比31%増の4238台を販売しており、16年2月にサンパウロ州のイラセマポリスに工場を新設する予定だ。

アウディも35%増の5018台を販売しており、9月にはパラナ州のサンジョゼ・ドス・ピニャイスのフォルクスワーゲン社工場内で自社製品の製造を始める。

唯一販売台数が減ったのはBMWだが、それでも減少率は昨年同期比3.5%で、4680台を売り上げている。 

他方、一般の乗用車や軽量の商用車の4月の販売台数は、昨年同月比18.4%減の86万1700台で、依然として厳しい状態が続いている。

13日にはGMが、サンパウロ大都市圏サンカエタノ工場の従業員900人以上に、18日から5カ月間のレイオフを通達した。レイオフは新たな解雇を避けるための対策で、自動車業界では今年既に4900人を解雇。12カ月の累積では1万4600人が職を失っている。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Mario Aguas/Fotografia/RXAM)
写真は2014年10月にサンパウロで開催されたモーターショーにて、アウディ車

■関連記事
国籍を超えた愛に終止符。外交官の夫が伯人妻を殺害
2012年、ブラジルの殺人事件被害者の77%は黒人
麻布十番に炭火焼きシュハスコ・レストラン「ゴストーゾ」見参
リオデジャネイロで公園の木に吊り下げられた15個の心臓みつかる
交通事故に気をつけて! サンパウロ市内の危険道路リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加