• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ロマーリオ吼える。ブラジルサッカー連盟の疑惑解明を要求

ホマーリオ

元サッカーブラジル代表ストライカーで現上院議員のロマーリオ(ホマーリオ)氏(社会党・PSB)が、連邦議会はブラジルサッカー連盟(CBF)の秘密契約を調査すべきだと主張していると21日付「エスタード」紙が報じた。

同氏は特に、タックスヘイブンに本拠を置く会社がブラジル代表に関するスポンサー契約で、CBFと不正な取引をしたとされる問題を重要視しており、上院で公聴会を開いてCBFに圧力をかけるべきだとしている。

CBFが11年11月に交わした合意書によるとヒカルド・ティシェイラCBF会長(当時)は、ISE社に22年までの代表チーム(セレソン)の親善試合の興行権を売り渡した。

しかし契約書にあるISE社の住所は英領ケイマン諸島の、とある町の郵便番号が記されているだけだった。ケイマン諸島はタックスフリーの地域で課税の及ばない場所となっている。

ロマーリオ上議はどうして課税の及ばない国にある会社の名前が契約の際に使われたのか説明すべきだとしており、サッカー界の浄化を求める選手側の組織「ボン・センソFC」(「良識FC」)もCBFに情報公開を求めている。

「CBFの黒幕は、ブラジル国税庁の監視の目をから遠く離れたタックスフリーの小島で怪しい会社とコソコソ巨額取引をしている。ブラジルの国技「サッカー」を隠れ蓑にして甘い汁を吸っている『悪党』をしょっぴくか、このまま奴等が死ぬまで悪事を続けるのをほっとくか。二つに一つだ」と自身のフェイスブックページで述べた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Marcelo Camargo/Agência Brasil)
写真は2015年2月、議会にて、ロマーリオ上院議員(左)

■関連記事
サンパウロ市、公立保育園設置計画に暗雲
五輪シンボル記念碑、リオ市のマドゥレイラ公園に設置される
魁聖、大相撲五月場所11日目で10勝目。1敗をキープ
出会う人はみーんな友達!? 旅行中にたくさんの友達を作る国民、1位はブラジル人
李克強首相が訪伯、35項目の2国間協定を締結。鉄道、電力事業に530億ドルの投資

このエントリーをはてなブックマークに追加