ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

湘南ベルマーレフットサルクラブの選手も参加。 湘南ベルロックがCDをリリース

神奈川県小田原市を中心に活動する「湘南ベルマーレフットサルクラブ」から生まれたオリジナルバンド、湘南ベルロックが、7月23日に1stシングル「Big Wave」を発売する。

同曲には、湘南ベルマーレフットサルクラブからは、奥村敬人監督をはじめ、籔内涼也選手(秦野市出身)、高橋広大選手(小田原市出身)、上原拓也選手(開成町出身)も参加している。


続きを読む

日本で活動する外国人アスリートの新型コロナウイルス感染対策と、日本での生活の本音

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して、東京オリンピック・パラリンピックの2021年への延期が決まった(東京オリンピックは7月23日開幕、パラリンピックは8月24日開幕)。

大会の延期の背景には、カナダやオーストラリアの日本への選手団派遣拒否や、その他にも各国の選手たちの不安の声が様々な所から聞こえてきていた事が挙げられる。世界中から大観衆が集まる五輪の選手村で、果たして感染対策が十分に行うことができるのか、航空機を使っての移動にリスクはないのかなど、アスリートたちが不安に思うのは当然と言える。


続きを読む

ロナウジーニョ、保釈で4つ星ホテルへ

4月7日(火)、パラグアイの判事が、元サッカーブラジル代表選手のロナウジーニョ・ガウーショと、彼の兄アシス・モレイラに対し保釈と保釈後の軟禁生活を認めたことを現地メディア「G1」、「ア・タルジ」、「UOL」などが報じている。

両名は偽造パスポートを使ってパラグアイに入国した罪で逮捕され、3月6日から1か月近く同国で拘留されていた。


続きを読む

【ブラジル】新型コロナウイルス感染症の病床不足対策で、競技場や見本市会場が野外病院に

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う病床不足に対応するため、ブラジルでは各都市でサッカースタジアムなどの競技施設や大型見本市会場などにベットや医療器具を設置して、野外病院として機能させる準備が進められている。現地メディア「G1」、「グローボ・エスポルチ」、「uol」などが伝えている。


続きを読む

本田圭佑のボタフォーゴ入り、サポーターが熱烈に援護

リオデジャネイロの名門サッカークラブ、ボタフォゴのによる 本田圭佑獲得の動向について、現地メディア「グローボ・エスポルチ」電子版が日本時間の29日(水)8時35分、ボタフォゴとの契約に本田圭佑が、今週末までに署名する見通しだと報じた。

同メディアによるとボタフォゴは本田との契約に火曜に調印をしていることが確認されており、契約は2020年12月末までとなるという。


続きを読む