• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル、メキシコと貿易協定を締結。免税項目拡大など交渉へ

ジウマ大統領、メキシコ訪問

ジウマ大統領とメキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領は5月26日、メキシコ・シティの大統領官邸で、二国間での投資のリスクを減らし、貿易を円滑化するための協定の締結を行うとともに、両国間の貿易をさらに拡大するための交渉を始める意向を表明した。

両大統領は、貿易面を強化することで、両国の関係をさらに強化する狙いだ。そこには両国連邦政府や企業の思惑も絡んでいる。26、27日付伯字紙が報じている。

ブラジルとメキシコは、二国合わせて中南米全体の人口の55%を占め、国内総生産(GDP)でも62%を占める中南米を代表する二大国家。だが、両国の貿易上の結びつきは決して強いものではなかった。

両国は既に二つの貿易協定を結んでいるが、これらの協定で減免税の対象となっているのは両国が取引を行っている品目のわずか12%で、輸出入の貿易相手国としての比重も、両国共に2%未満で低迷している。14年の輸出状況を見ると、ブラジルが対メキシコで前年比13.25%減、メキシコが対ブラジルで7.45%減となっている。

これまでは両国共に、インドや韓国など他の新興国相手の貿易に力を入れていたが、14年のGDP成長率はブラジルが0.1%、メキシコが2.1%と低調に終わり、経済のてこ入れが必要とされていた。さらに両国共に、政府が汚職スキャンダルなどで揺れ、国民からの支持率を下げており、その不満の矛先をそらす必要もあった。

また、企業家の中からも、ブラジル側からは「メキシコでの市場を失っている」、メキシコ側からは「ブラジルの課税の高さが障壁となっている」との不満も出ていた。

外務省中南米担当のアントニオ・シモンエス副局長によると、新しい貿易協定締結のための交渉は7月からはじまるというが、「半年やそこらではまとまらないだろう」と語っている。

争点の一つは、2002年の協定で減免税の対象となった品目の拡大だ。現時点では800品目が関税優遇化の対象で、358品目が免税となっているが、企業家は免税項目の拡大を望んでおり、シモンエス氏もできれば完全自由化をと願っている。新協定には農業生産品や化粧品、繊維、製靴のほか、サービス部門や政府部門まで、6千品目が盛り込まれる可能性がある。

シモンエス副長官は、メキシコとの協定拡大は他のメルコスル加盟国との関係を危うくするものではないと語っている。またジウマ大統領も、メキシコが主導する太平洋同盟とメルコスルは補完関係にあるべきと主張している。両国大統領は、協定拡大で両国間の貿易は10年以内に倍増することを見込んでいる。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Roberto Stuckert Filho/Presidência da República)
写真は5月26日、メキシコ訪問中のジウマ大統領(左)を迎えるエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領(右)

■関連記事
デング熱の死者290人に…感染のピークは超えたものの
伊勢丹新宿店のブラジルウィーク「ブラジル・ファンタスチコ! 祝彩楽園ブラジル」6月3日より開催
JICA横浜 海外移住資料館で「移民画家 半田知雄の世界」展開催
リオ市、ファヴェーラにも自転車専用道を設置へ
第2回 名古屋ブラジルフェスタ2015 会場MAP & 出店リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加