• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ドゥンガ監督、コパ・アメリカ緊急代理召集選手に21歳の新鋭のジェフェルソンを起用

ジェフェルソン

6月11日にはじまるコパ・アメリカまで2週間を切った5月29日、セレソンのドゥンガ監督は緊急代理招集選手の発表を行った。

この人選が、これが全く意外な発表だったことで話題を集めている。

今回、欠場となったのはサイド・バックのマルセロ(レアル・マドリッド)だった。故障を抱えたマルセロはレアルのチーム・ドクターからの薦めで今回の出場を辞退することとなった。

しかしここでひとつ困ったことが生じた。それは、23人の正式出場選手の予備交代選手7人のうちに、サイドバックの選手がいないことだった。

そこで新たに選手を選ばなければならなくなったドゥンガ監督だったが、あがった名前は欧州で活躍する選手ではなく、「ジェフェルソン」という名前だった。

ジェフェルソンは現在インテルナシオナウの左サイドバックでプレーしているが、5月13日に21歳になったばかりの若い選手。しかもレギュラーになったのは今年からという、これまで全くノーマークの状態の選手だ。

ただ、ジェフェルソンは現在開催中のリベルタドーリス杯で現在準決勝進出まで果たしているチームの快進撃を支える活躍で、ブラジル国内のサッカー界で「若手の注目株」として脚光を浴びはじめたばかりだった。

この好調さを千才一隅のチャンスに変えたジェフェルソンは見事に大型大会のセレソン入りにつなげてしまった、ということだ。

現時点でのセレソンの左サイドバックのレギュラーはもとからマルセロではなくフィリペ・ルイス(チェルシー)なので、ジェフェルソンの出場機会はそれほどないかもしれない。しかし、出場機会を得て活躍すれば、これは本人、セレソン共にプラスにつながるものだ。

またジェフェルソンは来年のリオ五輪出場の対象年齢にもあたるため、そのまま引き続いての活躍も期待される。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Lucas Uebel/Getty Images)
写真は4月22日、リベルタドーリス杯でのインテルナシオナウ対ストロンゲスト戦のジェフェルソン。ジェフェルソン・セルケイラ・テリスは1994年、バイーア州ラウロ・ジ・フレウタス出身

■関連記事
派遣法と財政調整に反対、連邦直轄区と25州でデモ
アート・リンゼイ来日。伊勢丹新宿店「BRASIL FANTÁSTICO! 祝彩楽園 ブラジル」では館内音楽の選曲手掛ける
伊勢丹新宿店のブラジルウィーク「ブラジル・ファンタスチコ! 祝彩楽園ブラジル」6月3日より開催
FIFA汚職事件を受けてブラジルサッカー連盟(CBF)マルコ・ポーロ会長が緊急帰国、潔白を主張
波紋呼ぶFIFA贈収賄事件。W杯開催地に変更あるか

このエントリーをはてなブックマークに追加