• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

独フォルクスワーゲンのタウバテ工場、一時解雇期間が終了した250名が復帰

フォルクスワーゲン タウバテ工場 レイオフ終了

ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンのブラジル・タウバテ工場で今年(2015年)3月17日から5か月間のレイオフ(一時解雇)が適用されていた250名の従業員が、8月17日、工場の仕事に復帰した。現地メディア「G1」が伝えている。

サンパウロ市から約150kmの距離にあるタウバテ市(サンパウロ州)にあるフォルクスワーゲン・タウバテ工場では、3月17日から250人の従業員に対して5か月間のレイオフを適用、さらに120名が4月27日に、最大5か月の契約でレイオフの対象となっていた。

金属労働組合によると、今回の措置に対しフォルクスワーゲンは、清算を市場の需要に合わせる必要があったと語っているという。17日(月)に工場に戻った従業員だけでなく、4月27日に一時解雇された120名のグループも9月には仕事に戻る予定とのこと。

タウバテ工場ではワーゲンの「アップ!」、「ゴウ」、「ヴォヤージュ」の車種を製造している。

(文/麻生雅人、写真/Comunicação Volkswagen do Brasil)
写真は8月17日、一時解雇されていた従業員250名が戻ったフォルクスワーゲンのタウバテ工場

■関連記事
8月16日のジウマ大統領への抗議デモ写真集。参加者数は3月のデモを超えず
第43回ワールド・スキルズ(技能五輪国際大会)、日本からは45名の代表が出場
サンパウロ市、イビラプエラ公園に集結した約100名のドラマーが一斉に演奏
「“非識字者”と言われることが悲しかったの」–。読み書きもできなかったブラジルのおばあちゃん、79歳で学位まで取得
ブラジル国民が社会的に「信頼しているもの」とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加