• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

有名チョコの巻紙にくるんだ麻薬密輸、形の違いで怪しまれ発覚

チョコ菓子の包みにくるんでコカイン密輸

コカインを隠し持っていた女性ふたりがブラジル、サンパウロ市のグアルーリョス空港(クンビカ空港)で逮捕されたと現地メディア「G1」(12月14日づけ)が報じている。

連邦警察によると、ふたりの容疑者は、ひとりがブラジル、もうひとりは南アフリカの国籍で、カタールのドーハと南アフリカ共和国のヨハネスブルグをたどってきたという。

ふたりが所持していた麻薬は約7kg。コカインは円筒状に固められ、チョコレート菓子のパッケージにくるまれ、同菓子の箱5箱に入れて持ち込まれた。

連邦警察が公表した押収品の写真をみると、使われたパッケージはブラジルの大手菓子メーカー、ラクタ社のチョコレート菓子詰め合わせパックだった。

詰め合わせパッケージに入っている同社の看板商品である「ソーニョ・ジ・ヴァウサ」、「オウロ・ブランコ」などのチョコレート・ボンボンは、伝統的に球形に近い丸形をしているが、円筒状に引き伸ばされれた形になっていたことから目立ったという。

また、スペインのマドリーから到着した便に乗ってきた別のブラジル人がエクスタシーの粉を5kg所持していたことから税関職員に拘束された。軍警察によると、これは2000状の薬剤を作ることができる量とのこと。

(文/麻生雅人、写真/DPF)
ラクタ社のチョコレート菓子の詰め合わせパックに淹れられていた、押収されたコカイン

■関連記事
オオアルマジロのマブちゃん、ブラジリアへ
ブラジルの文化人たち200名以上が大統領弾劾手続きに抗議。 シコ・ブアルキ、アウジール・ブランキも賛同
タトゥーを消せるクリーム、ブラジルで話題
老婆のシリコンマスクと女装で脱獄を試みた囚人、怪しい仕草で変装を見破られる
人気シンガーソングライターのマリア・ガドゥ、リオで早業の”急停車強盗”に襲われる

このエントリーをはてなブックマークに追加