• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

元フラメンゴのカイケがJリーグデビュー

カイケ 日本デビュー

2016年3月8日(火)にフラメンゴから横浜F・マリノスへの完全移籍が発表になってから約1ヶ月、ついにカイケがJリーグデビューを果たした。

カイケは名門フラメンゴのユース出身。17歳の頃にはマレーシアで行われたインターナショナルトーナメントでマンチェスターユナイテッドなどと対戦し、得点王に輝いたこともある。

期待されて2007年にブラジルでプロデビューするも、成績が伸びず、出場機会も減っていった。2008年には国内クラブを渡り歩き、2010年からはヨーロッパでのプレーを決意。スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、ポルトガルのリーグを経験した。それでも彼は満足のいく結果を残せずにいた。

転機が訪れたのは2015年。

ABC FCに所属していたカイケはリオグランジドノルチ州選手権で12ゴールを決めて得点王に輝き、その後もブラジル選手権2部でも通算20ゴールを決めた。この活躍で古巣フラメンゴへのカムバックを約10年で果たしたのである。

一方、F・マリノスは昨シーズンのチームに欠かせなかったアデミウソンがガンバ大阪に移籍したため、その攻撃力の低下が懸念されていた。そんなF・マリノスの攻撃に厚みを出すことが、カイケに与えられたミッションだ。

そしてカイケは4月2日(土)に行われたガンバ大阪戦でデビューした。

ガンバは宇佐美、パトリック、アデミウソンとJ屈指の攻撃陣をスターティングメンバーに揃えF・マリノスをホームに迎えた。アデミウソンが古巣F・マリノスとの初対決ということもあり、注目が集まる1戦となった(次ページへつづく)。

先に動いたのはホームのガンバ大阪だった。

前半19分、クロスの折り返しを見事なボレーで先制点を奪ったのは、アデミウソン。ホームに集まった大勢のサポーターに応える見事なゴールだった。

ガンバペースで迎えた後半40分、F・マリノスはFKのチャンスを中村俊輔が直接ゴール。自身のFK記録を更新する芸術的なゴールで同点にして前半を終える。

後半に入ると両チーム共にアグレッシブな攻撃でゴールに迫った。

後半25分、ガンバのコーナーキックのこぼれ球をカイケがしっかり繋ぎ、スピードカウンターでマルティノスが勝ち越しゴールを決める。ロスタイムにPKを取ったガンバだったが、F・マリノスキーパー飯倉による好セーブに阻まれ、そのまま試合終了。

F・マリノスは3連勝、ガンバはホームでの手痛い黒星となった。

ゴールこそ無かったが、F・マリノスの連勝に貢献する働きを見せたカイケ。そんな彼の更なる活躍が今後のF・マリノスにとって重要なキーになることは間違いないだろう。

(文/玉井健太郎、写真提供/(C)Y.F.M)

■関連記事
アデミウソン、再びJリーグへ
「井上創太(社長)をブラジルの大統領に」!? 「ガリガリ君」値上げ謝罪動画がブラジルでも話題
ブラジル、アマゾン産クラフトビール試飲会&トークショー
リオ五輪のチケットは今からでも入手可能か?
全身をアルミ箔で覆った金庫破りあらわる。理由は警報機対策!?

このエントリーをはてなブックマークに追加