• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ミナスジェライスからマイアミまで歩いた軌跡をアートにしたパウロ・ナザレ

DSC_7297

昨年末、招待されたMASPのPremio MASP Mercedes Benzというイベントがありました。Anna Maria Maiolino アナ・マリア・マイオリーノさんの新刊発売記念サイン会と、Paulo Nazareth パウロ・ナザレさんの展示がありました。

なぜ、これを今、8月にもなって思い出したかと言うと、「フォーリャ紙」Web版にパウロ・ナザレ氏の記事&ビデオが掲載されていたからです。

nazareth

パウロさんは、出身地のミナスジェライス州から、北米マイアミまで徒歩とヒッチハイクでたどり着いたのですが、その道中を記録した作品「Noticias de América ノチシアス・ヂ・アメリカ」が、MASPでも展示されていました。インディオの血が入っているという独特の風貌で「なんでもやります」など、お金を稼ぐためのプラカードを掲げた写真などが、妙に印象的でした。この作品で、マイアミのアートバーゼル(Art Basel)やベネチア・ビエンナーレにも招待されたそうです。

papelfruta

会場で、展示品を自ら配置して行く本人は、飄々としてチャーミングな印象でした。彼は、自分のルーツがインディオ(や黒人やファベーラ)にあることを語っていますが、その世界を外から客観視するのではなく、自分自身が体現者、作品、アートとして世に出たのが面白いですよね。

DSC_7287

それから、会場で印象に残ったのが、アナ・マリア・マイオリーノ氏のお米と豆を黒いリボンで結び、黒い机の上に置いた「Monumento à fome モヌメント・ア・フォーミ」という作品。 ブラジルの主食、米と豆が葬式の様にまとめられて、インパクトがありました。 で、今調べてみたところ、この作品は、1978年にエリオ・オイチスィカ(Helio Oiticica:「トロピカリズモ」運動を推進したブラジル人アーティスト)が実施した展示会の為に作られた作品だそうです。

annamaria

サンパウロ日誌
http://rhigashi.blogspot.jp/2013/08/blog-post_27.html

(写真・文/東リカ、記事提供/サンパウロ日誌)

このエントリーをはてなブックマークに追加