• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルでW杯期間の宿泊料金が軒並み低価格化。
リオでは52%値下げも

リオホテル

W杯開幕まで50日を切ったが、世界40カ国のホテルの料金を比較するサイト「Trivago」によると、4月に入ってからの試合開催地のホテルの料金は、年頭より軒並み値下がりしているという。

例えば、7月13日に決勝戦が行われるリオ・デ・ジャネイロ市では、2人部屋の平均料金が、1月の一泊1441レアルより43%値下がりし、816レアルになっている。ホテル料金の値下がりは全国的な傾向だが、値下がり率は開催地や試合の内容によって異なる。

6月12日にブラジル対クロアチアの開幕戦が行われるサンパウロ市では、775レアルが621レアルで20%の値下がりに止まったが、翌13日にスペイン対オランダの試合が行われるサルバドールでは、947レアルが636レアルに33%値下がり。サルバドールでは6月20日のスイス対フランス戦も1031レアルから681レアルに34%下がっている。

また、最も値下がりしたのは、リオ・デ・ジャネイロで6月18日に開催されるスペイン対チリ戦で、1519レアルから729レアルへと52%も値下がりした。

関係者によると、こういったホテル料金の値下がりは、当初の宿泊予想客数が余りにも過剰だった事や、国際サッカー連盟(FIFA)公認の旅行会社であるマッチ・サービスなどが事前に差し押さえて部屋が開放された事などによるものと見られている。

リオ・デ・ジャネイロ市の場合、1月の時点でマッチ・サービスが差し押さえていた部屋は全体の9%に上ったが、4月に入ってからはその割合が4%に減っている。同社では今月末もまた、新たな差し押さえを行うか、新しく開放する部屋があるかの情報を公開する予定だという(4月23日付「フォーリャ」紙より)。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Getty Images)
リオデジャネイロのビーチ沿いにはホテルが並ぶ。写真はサンコンラード・ビーチにあるロイヤルチューリップホテル(旧インターコンチネンタル ホテル)

■関連記事
W杯、宿泊用の家賃は1月分。キャンプ地のホテル流行らず
ブラジルのコンピュータサイエンス学生が全国盗難検証マップを開発。ワールドカップ日本戦開催都市の犯罪発生件数は...
中田英寿プロデュースの「nakata.net cafe 2014」がスタッフ募集!
ワールドカップに向けてクイアバの宿泊施設が4000%の値上げ。
日本人ジャーナリストの告発で明るみに

法務省がホテル産業協会とタッグ。リオのワールドカップ期間中の不当な宿泊費撲滅作戦開始

このエントリーをはてなブックマークに追加