• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル代表、専用合宿施設グランジャ・コマリーに到着

916161-jogadores_coletiva_

ブラジル代表の監督フェリパォンとコーチング・スタッフは、テレゾーポリスにあるブラジル代表の専用合宿施設、通称グランジャ・コマリーに一足早く入ってセレソンを迎える準備をしていた。

そして5月26日(月)、セレソンはリオデジャネイロの山間にあるテレゾーポリスにあるグランジャ・コマリーに到着した。現地メディア(「グローボ・エスポルチ」同日づけ)が伝えている。同施設は、優勝を狙うセレソンのために大改装されている。

セレソンを乗せてリオのホテルを出たバスは国際空港近くで教員デモの一団に出くわした。グラジャ・コマリーでもひとつの団体が抗議行動を行っていたという。抗議は、洪水で住居をなくしたひとたちのためのものや教員の給料改善を求めるものだったという。テレゾーポリスでは、抗議行動とは対照的にセレソンのバスの到着を迎える幸福そうな人々もいた。

到着後、セレソンは健康診断を受けた。フェリパォンによると、セレソンはワールドカップが始まる前にふたつの国際親善試合を行うという。ひとつは6月3日にゴイアニアのセーハ・ドウラーダ・スタジアムで対パナマ戦、もう1試合は6月6日にサンパウロのモルンビー・スタジアムで、セルビア戦を行うとのこと。

その後、セレソン・ブラジレイラは6月12日にイタケラォンでクロアチアとワールドカップの初戦を戦う。

(文/麻生雅人、写真/Tomaz Silva/Agência Brasil)
グランジャ・コマリーに到着したセレソン一行

■関連施設
ブラジル代表がW杯に備えて専用合宿施設を新装。改築費は6億6600万円
ブラジル代表MFオスカル、カルバン・クライン下着モデルでも代表に選出される
W杯へのプロテスト・ソング「ごめんね、ネイマール」が話題に 作者は気鋭のシンガー・ソングライター

このエントリーをはてなブックマークに追加