• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「日ブラジル外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会」始動。NHKのど自慢伯国大会も議題に

120周年会議

在聖総領事館で先月(8月)29日、「日ブラジル外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会」の第1回会合が開催された。

1998年にサンパウロで開催された「NHKのど自慢ブラジル大会」を来年に再度行なうなどの特別事業案も挙がってきており、皇室のご来伯も視野に入れた特別な年になりそうだ。

委員長には梅田邦夫大使が選ばれ、副委員長には各地域の総領事、主だった日系団体代表が選ばれた。10月には、第2回会合が行われ、特別事業が決定する見込み。

120周年特別事業として、すでに候補に挙がっているのは「コシノ・ジュンコ氏プロデュースの花火大会」「ウジミナス製鉄所やセラード開発などの日伯協力事業の展示会」「政治経済に関する学術シンポ」「NHKのど自慢ブラジル大会」など。

事業予算は明らかになっていないが、外務省内では、皇室や政府関係者の往来も可能なAランク事業に指定されている。少なくとも2、3千万円以上の予算が計上されるようだ。「皇室のご来伯を実現できれば」と梅田大使は意気込む。

委員長以下の人事は、委員長代理に福嶌教輝在聖総領事、高瀬寧在リオ・デ・ジャネイロ総領事。副委員長に日系主要5団体代表、JICA、JETRO事務所長、JBIC首席駐在員、各地域の総領事、聖市以外の会議所会頭に加え、主だった地方日系団体代表だという。

梅田大使は「修好100周年時は日本と聖州が主体となって運営したが、今回はW杯支援委員会の経験から、オールブラジルで取り組めるようになった」と委員の顔ぶれを喜んだ。

次回会合では特別事業の決定、資金集めやロゴマークの募集、マスコットキャラクター製作など具体的な話し合いが行われる。また、日系団体が催すイベントには、120周年記念事業の表題を冠することが推奨され、委員会へ申請すれば、記念事業として認められるほか、委員会の開設するHPで日程などが告知される。

梅田大使は「W杯、安倍総理来伯、五輪と日伯関係強化の潮流がある。120周年を活かして両国の友好関係を確かなものにしたい」と強調した。また、支援が期待される県連日本祭りについては、「120周年記念事業としても取り扱うが、その存続のために別枠での支援も考えている」と語った。

(記事・写真提供/ニッケイ新聞)
会議の様子

■関連記事
県連代表者会議=来年の日本祭り準備進む=「日本政府からの支援確信」=テーマ「日伯120年の絆」
茶道の「裏千家」淡交会ブラジル協会、60周年を祝してサンパウロで茶会
サンパウロ市にWi-Fiとエアコン装備のバス登場。画像認証で不正乗車も判別
クリチバ市で日本文化月間はじまる。マンガの歴史展も開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事