• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロでまた暴風。市街地で倒木、コンゴーニャス空港で小型機格納庫などに被害

サンパウロ暴風

(1月)8日午後、2日連続で聖市を襲った突発性の暴風雨により、市内中心部の道では浸水が起き、市内公共交通機関は遅延した。

また、コンゴーニャス空港ではエアタクシー用の小型機の格納庫の屋根が落下したと9日付伯字各紙が報じた。

コンゴーニャス空港では毎時85キロの強風により、ターゲッチ社の格納庫の屋根が崩れ、少なくとも小型機1機が押しつぶされた。この事故による怪我人は出ていない。タン社の格納庫の一部も損害を受けた。

市内では71本の樹木が倒れ、ジャルジンス地区ではオスカル・フレイリ街の車の流れを寸断。倒木による停電で、ろうそくの明かりで営業するレストランもあった。

7日の暴風雨では聖市東部地区の被害が大きかったが、8日は聖市中心部での被害が大きく、雹も降った。バンデイランテス・バスターミナルは40分間にわたり封鎖され、孤立状態に陥った。

パウリスタ都電公社(CPTM)10号線の送電線に雷が落ち、ブラス駅とタマンドゥアテイ駅間が一時不通になった。

暴風雨は午後6時ごろ発生し、3時間後には聖市内113カ所の信号機が止まった。聖市交通工学公社(CET)の発表によると、87カ所は故障により、26カ所は停電により機能が停止したという。

今回の強風は、毎時96キロを記録し、300本余の樹木を倒した12月29日の暴風ほど大規模ではなかったが、コンゴーニャス空港にいた利用客は大いに肝を冷やした。

同空港の飛行機格納庫の事故は午後7時ごろ起きた。伯国航空インフラ業務公社(Infraero)はこの事故による犠牲者は出ていないと発表したが、何機が損傷したかは公表しなかった。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Reprodução/「Bom Dia Brasil」/TV Globo)
写真はTVグローボのニュース番組「ボンジーア・ブラジル」より。TVGloboのニュース番組「ボンジーア・ブラジル」は日本ではTVグローボインターナショナルで放送中。視聴問い合わせは03-4510-0770まで

■関連記事
作業員51人が病院へ。ネズミの死骸が浮く水飲み
ブラジル、帝王切開大国の名を返上へ。厚生省が自然分娩推進政策を発表
暴走小型トラック、市街地で路面オフィスに激突
2014年、ブラジルで最も人気のあった赤ちゃんの名前は!?  ~サンパウロ編
3人の少年たちと、闘い続ける人々の気持ちがブラジルを変える!? 映画「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」

このエントリーをはてなブックマークに追加