• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

違反したらねこパンチ!? ペット販売で、環境や心身状態のケア、義務付けられる

こねこ

スーパーやショッピングセンターの人気コーナーの一つはガラス張りのペット展示コーナーだが、ペットショップでは今後、生後間もない子犬や子猫などの幼少期のペットは、心身の状態のケアをすること無しには展示できなくなる。

連邦獣医審議会(CFMV)は、ペットが飼育されている状況とペットの置かれている環境がペットの健康状態に留意したものであるかを調べなければならないと決定した。

同審議会の決議文第1069号は、ペットの展示や売買はペットの健康に少なからぬ影響を与えており、審議会や一般社会にとってはそのことが最大の懸念事項となっているとしている。さらに各施設がペットに対し、うるさすぎる環境においていないか、ストレスのかかる状況においていないか、証明などは適切かといった項目を獣医がチェックし、保証しなくてはならなくなった。

2008年以来、CFVMは全てのペットショップは獣医を置かなくてはならず、置かない場合は罰金を課すべきだと主張してきた。現在ではペットが適切に飼育されていなかった場合は従業員も店も罰金対象になる。

今回の決議文の結果、ペットをガラス張りの飼育箱に入れて展示するのをやめたペットショップもある。

サンパウロ市北部のリモン地区のペットショップで働くディナ・シルヴァ・フロレインシオさん(44)は、「ペットを買いたいというお客さんが来たら、要望を聞いて、飼育所に連絡を取るだけにしたわ」と語った。

サンパウロ市中央部のショッピングセンター内にあるペットショップオーナーのアントニオ・カルロス・デオダトさん(80)は、獣医や弁護士と連絡をとり、ペットの状態に配慮しつつ、ガラス張りケースでの展示販売を続ける意向だ(22日付エスタード紙より)。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Fabio Rodrigues Pozzebom/ABr)
ペット市場の売り上げは年間160億ヘアイス(レアル)と見積もられているという。写真は連邦直轄区動物原性感染症コントロールセンターに保護された子ねこ、2012年7月

■関連記事
アルゼンチン、大統領告発の検察官、謎の死。議会での証言の前日に
サンパウロ市、2015年は路上のカルナヴァウが白熱!? 登録ブロッコ数、2014年より100団体増
サンパウロで今年2度目の公共料金値上げ反対デモ
SNSを通じて2014年に生じた商取引額は、世界11カ国で2270億ドル。450万人の雇用確保に
【ブラジル】消えゆく先住民族文化。15年後には先住民族言語の30%が消滅か

このエントリーをはてなブックマークに追加