• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ペトロブラス贈収賄事件の余波どこまで…。IHI(旧石川島播磨重工)、三菱重工も渦中に<2>

エンジェヴィクス

2014年後半から、ラヴァ・ジャット作戦でペトロブラス(ブラジル石油公社)絡みの大型汚職”ペトロロン”摘発後、造船業界に深刻な影響が広がった。

この事は、14年8月の安倍総理のブラジル来訪時の共同声明に盛り込まれた「造船業界発展のための協力」に逆行する。

日本企業も参与するアトランチコ・スウ造船(EAS)やリオグランジ造船(ERG)、エンセアダ造船工業(以下、エンセアダ)などが窮状に陥った最大の理由は、ペトロブラスの石油採掘船建造目的で創設されたセッチブラジルからの支払いが昨年11月以降滞っている事だ。

セッチブラジルは、同社元理事でペトロブラスサービス部元課長のペドロ・バルスコ被告の報奨付の供述開始後、長期融資が得られず、ペトロブラスからの支払いも滞っている。

今年2月15日付「エスタード」紙によれば、造船5社に対するセッチブラジルの負債は15~20億レアルで、最も厳しいエンセアダは唯一の顧客のセッチブラジルからの5億レアルが入らず、同時点までに3千人を解雇している。同社の共同出資者は川崎重工と、ラヴァ・ジャット作戦の捜査対象となっているオデブレヒト、OAS、UTCの3社だ。

ERGへの負債は1億8千万レアル~2億5千万レアルといわれるが、同社は他社からの注文もあり、従業員を配置転換して耐えている。三菱重工の共同出資者のエンジェヴィクスもラヴァ・ジャット作戦の捜査対象だ。

IHIなどが参与するEASがセッチブラジルとの契約を一方的に破棄した事は2月23日付「フォーリャ」紙も報じている。

5月6日付「ヴァロール」紙によると、EASは会社創設時に社会経済開発銀行(BNDES)から借りた18億レアルとペトロブラス子会社のトランスペトロへの石油採掘船建造用融資5億レアル、短期融資1億7千万レなど多額の負債を抱えている。同社もブラジル側出資者のカマルゴ・コへアとケイロス・ガウヴォンにラヴァ・ジャット作戦の捜査の手が入っている。

セッチブラジルの事業はシンガポールの企業グループ主導のジュロング社とブラス・フェルス社も請け負っており、3月28日付「エスタード」紙によれば、バルスコ被告は、セッチブラジルの事業を請け負った造船5社には賄賂の支払い担当者がいたと証言している。

3月6日付「エスタード」紙によれば、14年に大損失計上のペトロブラスはセッチブラジルに注文した石油採掘船建造数の削減も検討中だ。3月28日付エ紙は、検察が連邦会計検査院にBNDESからセッチブラジルへの融資停止を要請したと報じた。

4月26日付「ヴァロール」紙によれば、14年12月~15年3月の造船業界の解雇者は1万人超で、7月には4万人に達する可能性もある。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Divulgação)
ラヴァ・ジャット作戦の捜査対象となっているエンジェヴィクス社

■関連記事
メンサロン事件のピゾラット被告送還当面延期に
ペトロブラス贈収賄事件の余波どこまで…。IHI(旧石川島播磨重工)、三菱重工も渦中に
東京国際ユース(U-14)サッカー大会にコリンチャンス参戦!
いよいよ開幕、ブラジレイラォン。2015年の日本での放送もスタート
南米選手権に挑むセレソン・ブラジレイラ招集選手発表

このエントリーをはてなブックマークに追加