• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオ市サンタマルタの丘で銃撃戦。7年前のUPP設置以来、初

サンタマルタ

5月28日夜、リオ市ボタフォゴの「サンタマルタの丘」のファヴェーラで、7年前の治安維持警察部隊(UPP)駐留開始以来初となる軍警と麻薬密売人との銃撃戦が起きたと5月30日付「エスタード」紙が報じた。

同ファヴェーラはUPPによる治安維持が功を奏しているモデル地区とされてきたが、軍警が同地区で銃撃を受け、犯人は逃走した。

住民と軍警とUPPの間の騒乱は3月にも一度起きていた。

暴力沙汰を起こした青年をUPP警官が取り囲んだ際、軍警の態度が厳しすぎると住民らが不満を漏らした。

UPP設置以前のファヴェーラは、麻薬密売組織のコマンド・ベルメーリョが支配していたが、08年11月のUPP設置以降は治安が改善し、観光客も戻り始めた。

リオ・デ・ジャネイロ連邦大学教授で公共保安が専門のミシェウ・ミッシ氏は、銃撃戦で同地区平定のイメージが損なわれることはないと語った。

「今回の事件は単発的なもの。たった一回の銃撃戦は同地区の平和終結を意味しない」(ミシェウ・ミッシ教授)

ルイス・フェルナンド・ペザォン同州知事(PMDB・民主運動党)は5月29日、ファヴェーラ平定作戦は引き続き前進すると重ねて表明した。

「15日前に警察はサンタマルタ地区に戻ろうとしていた強盗1人を逮捕した。今回の銃撃戦はファヴェーラ平定作戦を弱めたりしない。公共の治安は依然強固であり続ける。私はジョゼ・マリアーノ・ベルトラメ保安局長に全幅の信頼を置いている」(ルイス・フェルナンド・ペザォン リオ州知事)

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)
リオデジャネイロ市にあるサンタマルタのファヴェーラ

■関連記事
「貴女に首っ丈の悪い狼」…新郎のジェフェルソン氏告白
グアルーリョス空港に15年間住み続ける男名古屋でブラジルフェスティバル、盛大に開催される
外国人旅行者が選ぶ、お気に入りのブラジルの都市ベスト20 19位 チバウ・ド・スウ
リオデジャネイロ発のジュエリーブランド、 フランセスカ・ロマーナ・ディアナ日本上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加