• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ホライマ州で監禁されていたカメ110匹、保護される

カメ保護

グローボ系ニュースサイト「G1」が1月29日付で伝えたところによると、ブラジル北部ホライマ州ホライノーポリス市ジュンヂアー地区で、監禁された大量のカメが発見されたという。

カメは警察に保護され、同日、無事に川に戻された。

約110匹のカメが保護されたのは軍警による地域査察の最中だった。カメは密輸業者によってアマゾナス州マナウスやホライマ州都ボア・ビスタで闇流通ルートに載せられる予定だったという。現行犯逮捕された6人は環境破壊行為で起訴される。

カメの一部は国道431号線沿いの農場で檻に入っている状態で見つかった。また、川べりに係留中のカヌーに括りつけられた漁業網から見つかったものもいた。

軍警察によると、保護されたカメは州立環境水生生物保護基金と民間環境パトロール隊に引き渡されたという。これらの団体はカメをホライマ州カラカライー市まで運び、本来の生息地であるブランコ川に放流した。

(文/余田庸子、写真/Divulgação/Polícia Militar)

■関連記事
サマルコ社の鉱山廃水ダム決壊事故、史上最悪規模に認定
サンパウロでタクシー運転手たちがウーバー車両を襲撃
検察がネイマールの起訴状を提出。懲役5年を求刑か
ネイマール、脱税で告発される
国際原油相場が下落してもブラジルのガソリン代が下がらない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加