• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルは“割安な投資案件の宝庫”!?

サウヴァドールショッピング

政局の混乱、インフレ、レアル安でブラジル経済はパッとしない状態が続いているが、外国から見るとブラジルは“割安な投資案件の宝庫”として映っているようだ。

ブラジル現地紙「オ・グローボ」が3月10日づけで伝えたところによると、アメリカ合衆国に本拠を置く資産運用会社ブラックロックが、ブラジルのショッピングセンター事業への出資を増やすという。

ショッピングセンター運営会社、BRモールズは既存株主のブラックロックが持株割合で5.03%まで、普通株式数で2332万3521株まで増やしていくと発表した。

10日夜のBRモールズ広報発表によると、ブラックロックのBRモールズにおける株式持分には16000個のデリバティブ商品も含まれ、発行済み普通株式の0.004%に相当する株式を将来取得する権利を保有しているとのことだ。

またBRモールズは現株主のコロネーション・ファンド・マネージャーズが3.39%まで、株数にして1573万6271株まで普通株式の持株割合を下げるとも伝えている。

(文/原田 侑、写真/Camila Souza/GOVBA)
ブラジル国内の消費文化を支えるショッピングセンター。写真はバイーア州の「サウヴァドール・ショッピング」

■関連記事
オリパラ開催地リオの「お冷」にご注意!? 消費者センター、飲食店の水質調査に乗り出す
オデブレヒトがブラジル石油公社との共同事業ブラスケンの持分を売却か?
“ブラジル版タイタニック号”、沈没から100年
オリパラ開催地、リオデジャネイロ案内1  ミュージアム巡り
H.I.S.がリオに支店を開店。日本の旅行会社として初出店

このエントリーをはてなブックマークに追加