• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル銀行・連邦貯蓄銀行が民間企業株式購入可能に

caixa

グローボ系ニュースサイト「G1」が3月23日づけで伝えたところによると、ジウマ大統領は公的金融機関であるブラジル銀行(バンコ・ド・ブラジル、以下「BB」)と連邦貯蓄銀行(以下「カイシャ」)に、他社株式の取得を認める法案に署名したという。

法律は2018年末までの時限立法で、ブラジルに本拠地を持つ公立または民間の金融機関が保有する資産を買い取れるとするもの。

BBとカイシャの子会社にまで適用される。法案は3月始めに上院で可決されていた。

大統領の署名により、BBとカイシャは民間金融機関や保険、退職金運用基金、IT関連事業への資本参加が再び可能となる。これらは2012年まで施行されていた法令では認められていた経緯がある。

ジウマ大統領が今回の法令に関して、法案の段階から異を唱えていたのは、資産取得前に存在していた不確定事項に関して確認が取れた場合は取引の中止を認めることができる条項だった。

この条項は下院で採決が行われている間、修正案の形で加えられた。上院でもこの修正は可決されたが、その理由としては公的金融機関が行う投資をより安全なものとする点が挙げられた。

ジウマ大統領は自分が承服できなかった点として、法案は法的に不要な表現をまとっていることで内容をわかりづらく、法的解釈が不安定になる点を挙げていた。

大統領はまた、民法との整合性から法律行為が無効になりうる点にも懸念していると語った。

連邦政府の経済担当チームによると、新法は公的金融機関の基盤を強くし、国外の経済的不安定要因が国内経済に及ぼす影響を抑えることを目的としている。

「この法律はBBとカイシャの経営基盤を強くし、資産の取得に当たって民間金融機関と同等の条件で競争できるようにするものだ」(政府経済担当者)

上院議員の一部はこの法律が施行されることにより、民間銀行の倒産などの際にBBとカイシャが損失をかぶることになる、と反対している。

(文/余田庸子、写真/Verônica Manevy/Imprensa MG)
連邦貯蓄銀行(カイシャ)は各地のサッカーチームのスポンサーとしてもお馴染み。写真は2016年3月、ミネスジェライス州ベロオリゾンチのリベルダージ宮。アトレチコ、クルゼイロの地元サッカークラブの新ユニフォームをうけとるフェルナンド・ピメンテウ知事

■関連記事
ペトロブラス贈収賄事件で押収された贈賄先リストに政治家200人以上が記載!?
オデブレヒトがブラジル石油公社との共同事業ブラスケンの持分を売却か?
“ジウマ大統領弾劾”への抗議デモ、民主主義の尊守を訴える
日伯のカリスマシェフ、アレックス・アタラと成澤由浩が共演
アサイー、クプアス、ピタヤのチアシード入り飲料がリニューアル

このエントリーをはてなブックマークに追加