• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【コラム】米田真希子トリオ、ブラジルデビューライブのこと

セスキ 米田 サンパウロ

前回のコラムでは6月にセスキ・バウルーで行ったライブを終えての想いをお伝えしましたが、今回はその2カ月前、4月にセスキ・コンソラサォンで行った、米田真希子トリオでの初ライブのときのお話しです。

あの日の会場は、全くいつもと違っていました。

舞台に出て行った瞬間から、皆様の優しさなのか、心配なのか(笑)、会場全てが何かでっかいものに包まれている様な…厳かで神々しくも感じました。

私のプロジェクト「ブラジレイリズモ」デビュー戦。

早朝にも関わらず、本当に私の想像をはるか、はるかーーーに超えて、多くの方達に応援して頂きました! みなさま、有難うございました!!

この日を迎えるまでのブラジル生活8年ちょっと。「諦めない」ことだけを目標に、歩いてまいりました。

何度も突き落とされたり、誰も周りに居なくなったり。色々ありました。その度に、励まされ、何とか、続けてくることができました。

この日のステージを最高のものにする為、1ヶ月位かな、、色々な事、人と戦いました。

「そんなにイチイチうるさいと、2度とセスキから仕事こないわよ」とまで言われました。それも覚悟してやってみたけど、見事に完敗でした。

でも、いざ、弾き始めたら。何もかも、緊張すら、全く忘れてました!

演奏し始めてからは、話もしないほうが良いのではないか? と感じるほど、会場にいる人全てが音に集中してた様な、異様なほどの雰囲気でした。一曲目から、ものすごい拍手を頂き、申し訳ないほどでした。

途中モニターから音が消えたり、前日のトリオでのリハ中に教えてもらった新しい事を「おらー」とやってみたら、見事に間違ったり(冷や汗)。走ったり、集中がプチっと切れたり(課題満載です)。

でも、終わりに近づくにつれ、「彼らとの演奏を止めたくないよー!」と何度も思ったのを覚えています。

私は本当に幸せでした。

今までのブラジル生活で最高のプレゼントを頂いたと思っています。

感謝。

このライブの翌日から次のライブ会場確保へとガンガン動いております!

そして、そして、今年はこのトリオでの日本凱旋ツアー実現が目標です。

白状します。

「行く!」と決めただけで、まだお金もないし、何も決まっておりません! あーー、頼りない、、、、はい、その通りです!

でも、「やります!」

だって、このライブでますます音への確信が大きくなりました。
このトリオの音楽はちょっと怖い!皆さんに聞いて頂きたい!届けたい!

このライブが次に繋がる大きな架け橋になることを祈っております。

個別に名前はあげませんが、本当に、多くの方達のサポートがあって、無事に終了することができました。一言、「感謝」の言葉しかございません。

みなさま。いつも応援して頂き、本当に本当にありがとうございます。

では、今度は日本でお会いしましょう!

(写真・文/米田真希子

■関連記事
生まれ変わったら彼女になりたい
ブラフェスでカイピリーニャを飲んでカシャッサをもらおう! 第二回カシャッサ・カクテル・グランプリ開催
ブラジルの国民酒「カシャッサ」とは何か<1>
カシャッサはブラジルの法律で定められたのみもの!?

ブラジルの国民的カクテル「カイピリーニャ」、名前の由来は”森の守護神”!?
ブラジル先住民の椅子作家マイヤワリ・メイナクさんが来日

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

4歳よりピアノを始め、数々のクラシック大会で入賞。 一時音楽とは離れ、国際公務員になるべく、筑波大学、名古屋大学院で国際関係を學び、インドを中心にアジア各国を単身で訪れる。某外資系企業にて働くと同時にサンバダンサーとして活躍。 退社後、単身ニューヨーク、キューバ、ブラジルへと渡る。 キューバでは国立舞踊団に入団、コンテンポラーニャダンス及びパーカッションを學ぶ。サンパウロではサンバ学校に参加。その実力を認められソロダンサーとして抜擢され、各テレビメディアに出演、カーニバル出場。 その後日本へ一時帰国するが、アルセウ・バレンサとの出会いを機にレシフェに1年半滞在し、ブラジル音楽を独学で學ぶ。 2006年日本帰国。横浜モーションブルーでの定期的なライブ活動、NHKなどの各種イベント、都内一流ホテルでの演奏、プロデューサーとして活躍。 2011年。更なる音楽的向上を目指し単身渡伯。現在までに参加したプロジェクトは50以上。2015年ブラジルで行われた歴史あるショーロのコンクールでは全国5位(ピアニストではトップ)に入賞。ピアニストとして参加しているQuinteto do Zéの初アルバム「Sem Massagem」は2016年ブラジルで発売されたインストアルバムベスト10に選ばれ、サンパウロ政府の後援を受けリリース、ツアーも遂行。 2017年初のリーダーアルバム「Brasileirismφ」を発表。完成直前に詐欺にあうハプニングもあったがクラウドファンディング立ち上げ、成功。音楽評論家カルロス・カラードが選ぶ「2017年ベストCD50選」の1枚に選ばれる等、現地からも評価を得る。 音楽的活動が注目されるミュージシャンを集めたプロジェクトGIG NOVAの一人に抜擢。サンパウロ商工会議所での演奏も大成功に終了。 2018年4月にはブラジルでの登竜門とも言われる「セスキ インスツルメント」にて念願のCD発売記念ライブを実現。オリジナル性溢れる彼女の音楽世界の構築が期待されている。