• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

第13回ブラジルフェスティバル、今日から開幕

ブラフェス

30度を超える真夏日の中、今日7月14日(土)、東京・代々木公園で毎夏恒例の夏のイベント、在日ブラジル商業会議所が主催する「第13回ブラジルフェスティバル」が開幕する。

ブラジルフェスティバルでは毎年、名物の肉料理シュハスコの煙と香ばしい香りが立ち込める中、カポエィラの演武やサンバの演奏、ブラジルから来日するゲスト歌手によるコンサートなどさまざまなアトラクションが繰り広げられる。

今年はブラジルから、元NHKのど自慢優勝者でもあるセルタネージョ歌手のジョエ平田と、ポップス・シンガーのカルラ・ヴィジが来日してショーを行う。ジョエ平田は14日(土)、カルラ・ビジは15日(日)に出演予定。

日本では手に入りにくいブラジル直輸入のファッション雑貨もカラフルだ。

また、昨年からはじまったブラジル産の蒸留酒カシャッサを使ったカクテルのコンテスト「第2回カシャッサカクテル・グランプリ」も開催される。

ブラフェス

コンテストは会場内の店舗でカクテルを購入した20歳以上の方ならどなたでも参加が可能。カクテルを飲んだあとのカップを「フェスティバル本部」に持っていくと、カップで投票ができる仕組み。投票者には抽選でカシャッサが当たる抽選券が配布される。

ブラジル名物の焼肉料理シュハスコや、郷土料理のムケッカやフェイジョアーダが食べられるのも同フェスの大きな楽しみ。「バルバッコアグリル」、「ブラジリカグリル」などシュハスコ専門レストランが、炭火焼きのシュハスコを提供するのも野外フェスならでだ。

第13回ブラジルフェスティバルは7月14日(土)、15日(日)の11時から20時まで東京・代々木公園で開催。入場無料、
主催は在日ブラジル商工会議所。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
ブラフェスでカイピリーニャを飲んでカシャッサをもらおう! 第二回カシャッサ・カクテル・グランプリ開催
2018年、ブラジルはブドウの当たり年に。期待に胸ふくらませるワイン生産者たち
ブラジル先住民の椅子作家マイヤワリ・メイナクさんが来日
【コラム】米田真希子トリオ、ブラジルデビューライブのこと
ブラジルの国民酒「カシャッサ」とは何か<1>

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事