• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの若き才能アントニオ・ロウレイロ
ジャパン・ツアーが8月25日からスタート

Lj6b9W89zDvbN8SZzVmsaTlCaDopuMtnXnJrkhYVzTI

Antonio Loureiro アントニオ・ロウレイロはブラジルのサンパウロ生まれ、現在26才の若きミュージシャンです。ミナス・ジェライス連邦大学にて作曲と鍵盤打楽器を学び、2000年よりプロとしてのキャリアを開始。トニーニョ・オルタ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートをはじめとした多数の作品やライブに参加、キャリアを重ねました。

2010年に初のソロ・アルバム「アントニオ・ロウレイロ」を発表、この作品が著名音楽評論家が選ぶ「ミュージック・マガジン」誌の年間ベスト・アルバムに選出され、日本でも爆発的に彼の名前が広まりました。

先の読めない展開、高度な技術によるスリリングな演奏、繊細なアレンジとブラジル人らしい湧き出るような歌心の共存。同種の音楽としては、サンパウロの気鋭作曲家、ピアニストのアンドレ・メマーリや、ミナスの創作打楽器集団ウアクチ、そしてミルトン・ナシメントを筆頭としたミナスの音楽仲間たち「クルビ・ダ・エスキーナ(街角クラブ)」の面々が作り上げた傑作群を連想させます。

一方で、とりわけ作・編曲面においてNYのコンテンポラリー・ジャズ・シーンともリンクする現代らしい質感をも備えているのが彼の最大の特徴でしょう。

またセカンドアルバム「ソー」も、ファーストアルバムに続きドラムス、ピアノ、ベース、アタバキ、エフェクターやサンプラーといったアコースティック~エレクトリック楽器を自ら演奏、多重録音しつつ、ハファエル・マルチニ(ピアノ)、アレシャンドリ・アンドレス(フルート)、タチアナ・パーハ(ヴォーカル)、アンドレス・ベエウサエルト(ピアノ、コーラス)といったミナスやサンパウロ、隣国アルゼンチンのブエノス・アイレスなどから集結した才人が配されています。

現在ブラジルでは、彼らのような若く才能あふれるミュージシャン達の形成するコミュニティの中からたくさんの良質な音楽が生まれており、ミルトン・ナシメントらを中心とした約40年前の「クルビ・ダ・エスキーナ」ムーヴメントを思わず重ね合わせてしまう人も多いほど、その充実振りには目を瞠るものがあります。

初来日となる今回は、会場によって日本やアルゼンチンのトップ・ミュージシャン達とコラボレーションを行う模様。演奏面のみならずバンド・リーダーとして、また歌手としてどのように音楽を作り上げていくのでしょうか。ブラジル音楽ファンのみならずジャズやポップス・ファンなど幅広い音楽ファンから注目を集めるアントニオ・ロウレイロの貴重な来日公演をお見逃しなく!

<関連リンク>

●diskunion企画「21世紀のクルビ・ダ・エスキーナ」
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/39421
ミナス新世代音楽家を中心に、サンパウロや隣国アルゼンチンにまでに広がる若手音楽家達のCDを一挙掲載。コラム、インタビューもあります

●blog アントニオ・ロウレイロと挾間美帆 次世代の新たな才能-ラテン音楽とジャズの共犯関係
http://d.hatena.ne.jp/Blackstone/20130602/1370172458
ロウレイロを同時代のトップ・ミュージシャンと比較分析したブログ

●最新作「Só」詳細と試聴
http://www.nrt.jp/antonio_loureiro/release_information_19.html

(文/江利川侑介(diskunion)、写真提供/NRT)

来日公演は25日(日)からスタート。詳細は下記を参照。

ブラジル関連 イベントカレンダー 2013年8月
http://megabrasil.jp/20130804_725/

このエントリーをはてなブックマークに追加