• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

W杯開催都市、地下鉄でトラブル相次ぐ

uruguai

リオデジャネイロとサンパウロ。ブラジルを代表する大都市にある地下鉄は、FIFAワー
ルドカップが近づいてきたここにきて、多発する問題に直面することになった。3月18日(火)に「Indo-Asian news service」(電子版)が伝えている。

サンパウロの五つの地下鉄路線のうちの三つの路線で機械的な問題があり、メンテナンスのために原因となった列車が外に出されてしまったことを「新華社」が報じたという。

またリオでも、煙が駅構内で地下鉄の車両内に入ったという。地下鉄側は火事があったことを否定したものの、乗客たちはそこに火があったこと、地下鉄の労働者がプラットフォームで消火器を使用したことを「グローボ」に語ったという。

それぞれのトラブルは、6月に迫った重要なワールドカップの試合を開催するリオとサンパウロの地下鉄で起こった。ご存知のように、W杯の開幕戦はサンパウロ、決勝はリオで開催される予定である。大会に向けて今後ブラジルでは、都市インフラの再点検も課題のひとつなるかもしれない。

(文/加藤元庸、写真/Tomaz Silva/Agência Brasil)
写真は3月15日、オープンしたリオデジャネイロ、チジュッカ地区のウルグアイ駅ホーム。一方では着々と最新インフラが整いつつある

■関連記事
リオ市チジュッカ地区の地下鉄ウルグアイ駅がオープン
ワールドカップ用の空港プロジェクトは相変わらず遅れ気味
FIFA、ワールドカップで試合が行われる競技場を再度チェックへ

このエントリーをはてなブックマークに追加