• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロのイビラプエラ公園、開園60周年を迎える

イビラプエラ公園

サンパウロ市にとってのイビラプエラ公園は、ニューヨークにおけるセントラルパークに相当する存在かもしれない。市民の生活と切っても切り離せない憩いの場でもあり、観光客にとっても人気のスポットだ。

8月21日(木)、そのイビラプエラ公園が開園60周年を迎え、「ハッピーバースデー」が歌われるなどして、来場者たちに祝福された。サンパウロ市が発表した。

フェルナンド・アダヂ・サンパウロ市長を含む約200人の来場者は、湖で水と光によるマルチメディアショーを楽しんだという。

また、公園では60周年を記念するさまざまなプログラムが、今月末まで用意されている。

プログラムには公園内の自然に関するものもあり、鳥の生態についての講義や、木々の種類を学ぶウォーキングなどがラインナップされているとのこと。

1,584,000 m²の広大な敷地を誇るイビラプエラ公園は、市の創設400年を記念して作られ、1954年に開園した。

ファッションショーや展示会でもお馴染みのシッシロ・マタラーゾ・パビリオン(通称ビエナウ)をはじめ、オスカー・ニーマイヤーがデザインした建築物が点在していることでも知られている。

週末には平均20万人の人が訪れるという。

イビラプエラ公園

(文/麻生雅人、写真/Fernando Pereira/SECOM)
8月21日、イビラプエラ公園。60周年の記念すべき夜を楽しむ人々と、マルチメディアショー

■関連記事
ブラジルのモダニズム建築:ビエナウ・パビリオンとしても親しまれている、シッシロ・マタラーゾ・パビリオン
サンパウロのイビラプエラ公園が外国人観光客に大人気
ネイマールの新恋人はアリーニ・ホーザ!? ネイマールに捧げた歌も発表
ファビアーノ・ファウストのハイパーリアル・ミニチュア作品展
サルヴァドール市、ハイテクごみ箱を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加