• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

茶道の「裏千家」淡交会ブラジル協会、60周年を祝してサンパウロで茶会

裏千家

8月29日(金)から31日(日)の3日間に渡り、サンパウロ市で、中南米裏千家茶道普及60周年・茶道裏千家淡交会ブラジル協会設立60周年記念大会が開催された。

今大会には、茶道裏千家15代家元千玄室大宗匠を始め、アルゼンチン、メキシコ、ペルーなど各国の淡交会会長も来伯し、盛大に執り行われた。

スケジュールは次の通り。

29日:千玄室大宗匠主催晩餐会(グランドハイアット・サンパウロ)
30日:日伯友好・平和祈念献茶式並びに和合の茶会、60周年記念式典、記念講演会、歓迎カクテルレセプション(バンデランテス宮殿)
31日:記念茶会(グランドハイアット・サンパウロ)

サンパウロ州政府バンデランテス宮殿で開催された日伯友好・平和祈念献茶式並びに和合の茶会には、約1000名の関係者が出席した。

献茶式では、参加者全員が見守る中、大宗匠が「カトリックの神父が器物を清める為に用いるナプキンと同義の」白い袱紗を使って点てた濃茶を両国の国旗の下に献上。

続いて行われた和合の茶会では、壇上でサンパウロ州議会議員や梅田邦夫駐ブラジル日本国大使、また各国の淡交会会長らが、ひとつの茶わんで濃茶を順にのみまわした。

「一碗からピースフルネスを 」を提唱する大宗匠は、「みんなでひとつの茶わんからお茶をいただくことで、和を生み出せる」とその意義を説いた。

裏千家2

(写真・文/東リカ/「サンパウロ日誌」)
写真上:壇上で献茶式を行う千宗室大宗匠
写真下:壇上に設けられた即席の茶室で披露された茶道デモンストレーション

■関連記事
2014年チェリャビンスク世界柔道選手権/国別団体戦、ブラジルはメダル4つ
クリチバ市で日本文化月間はじまる。マンガの歴史展も開催
“ほぼ女性だけの村”にインターネットアクセスが集中。回線が制限される!?
ブラジルで絶大な人気。サンパウロで「聖闘士星矢」放送20周年記念上映会。9月11日からは最新作映画版も公開
ブラジル、2014年の人口は2億276万8.562人に。1年前から173万5.848人増

このエントリーをはてなブックマークに追加