• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「ヴォーグ」ブラジル、キッズ向け別冊の水着少女写真に抗議の声

今月(9月)発行の女性ファッション誌「ヴォーグ」の別冊付録「ヴォーグキッズ」に、ビキニ姿の未成年の少女が艶かしいポーズをとって写っている写真などが掲載されたことで、インターネット上で批判が起こっている。

同誌には写真では少女が横たわっていたり、足を広げていたりする写真が何点か混じっており、抗議の声は11日に連邦検察庁、州検察局、連邦警察にも届いた。関係機関は調査に入る意向だ。

ヴォーグ誌はこの件に関しては「知らされていない」とし、何もコメントしていない。

今回の件で同誌を非難している団体の一つの児童人権保護団体「アラーナ」の心理学者ライス・フォンテネーレ氏は「少女たちを意図的にアダルト化したもの」と批判している。

女性人権保護団体「アルテミス」の一員のアナ・ルシア・ケウネッキ弁護士は、「これらの写真はいくつもの点で子供青年憲章(子供と青少年の保護を定めた法的枠組み)の条項を侵害している」とし、続けて「少女達は明らかに無防備で被害を受けやすい立場にあり、写真掲載はたとえ親の許可を得ていたとしても倫理に反している」と述べた。

これらの告発を受け、労働検察局が12日、グローボ社に対し、ヴォーグキッズの販売を禁ずる暫定令を発令した。

「アラーナ」のライス氏は、少女達が衣類の宣伝を行うことは児童・青年の人権国家審議会(CONANDA)も禁じている行為だと明言した。CONANDAは大統領府人権局傘下の機関で、子供を対象とした宣伝・広告活動を禁じている(12、13日付フォーリャ紙などより)。

(記事提供/ニッケイ新聞)

■関連記事
児童虐待防止法が上院可決。親の子への体罰に罰金刑
最古の歴史を持つヴィジアのナザレー祭に約25万人が集結
元・中日ドラゴンズ選手、瀬間仲ノルベルトさんが売るパステウ。サンシャインシティ「フェスタ・ド・ブラジル」お店紹介(18)
あなたの出番です!? ミック・ジャガーがブラジルの大統領選でも注目
サッカーの王様ペレ、サッカーにおける人種差別野次への対応について発言
密売組織との抗争で治安維持警察部隊(UPP)、署長が殉職

このエントリーをはてなブックマークに追加