• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

兄弟3人が感電して即死、裸電線が鉄条網に触れる

サンタカタリーナ州ヴァーリ・ド・イタジャイ地方のペトロランジアで(11月)6日、自宅のそばで遊んでいた子供達3人が次々に感電死する事件が起きたと7日付「G1」サイトが報じた。

死亡したのは、4歳のイーゴル君と6歳のヴィニシウス君、14歳のシャイアニさんの3人だ。

現場に駆けつけた消防によると、3人が死亡した現場から約20メートルの所で、自宅のある農園を囲む鉄条網と並行して設置されていた電線の支柱の位置がずれて電線のカバーの一部が外れ、裸電線が鉄条網に触れた状態になっていた。

この電線は井戸の水をくみ出すためのポンプ用のもので、220ボルトの電気が鉄条網全体に流れていたが、自宅のそばでボール遊びをしていたイーゴル君がそれを知らずに、鉄条網に触れて感電。イーゴル君が倒れたのを見て助けに来たヴィニシウス君も感電したのを、柵の反対側から見ていた姉のシャイアニさんも、走りよった際に鉄条網に触れて感電してしまったという。

3人は皆、即死と見られ、午後6時ごろ、祖母が遺体を見つけた。家族の手で一旦家の中に運び込まれた遺体は、消防の手によって法医学研究所に運ばれた。

検死が終ったのは7日未明で、地域の教会で行われた通夜には、親族や近所の人達約40人が集まったという。3人の遺体は7日夕方、市内の墓地に埋葬された。

電線は一度修理された後があり、ペトロランジアとイトゥポランガの市警が事故の原因などを捜査する事になっている。

(記事提供/ニッケイ新聞)

■関連記事
夏の未明は電力停止か。ダムの水位の回復目指す
ブラジリアで人質事件。犯人逮捕劇の写真公開される
リオ+20会議のスピーチで世界中の人々の心を動かしたホセ・ムヒカ大統領(ウルグアイ)の青いワーゲンを、アラブの富豪が100万ドルで買いたいと申し出る
2015年9月、第1回世界先住民競技大会をブラジルで開催へ。日本へも参加を呼びかける模様
リオデジャネイロで、2016年のオリンピック・パラリンピックに向けて、キリスト像のレプリカ制作はじまる
「フォーブス」の「スポーツ選手長者番付2014」でネイマールは16位

このエントリーをはてなブックマークに追加