• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル、航空会社職員ストで空の便に混乱

空港職員デモ

(1月)22日朝、聖州やリオ、パラナ、ゴイアス、ミナスなどの州と週連邦直轄区で、航空会社職員のストが起き、キャンセルや遅れなどの混乱が生じたと同日付各紙サイトが報じた。

聖州のストはコンゴーニャスとグアルーリョス、ヴィラコッポスの3空港で起き、朝6時~7時の間、乗務員と地上職員が業務を停止した。

この影響で、コンゴーニャス空港では午前6時~9時に予定されていた58便中16便がキャンセルされ、17便が30分以上遅れた。グアルーリョス空港では6~7時に出発するはずの18便中13便が遅れたが、前便が運行した。ヴィラコッポスでは、6~7時の便が10便中5便キャンセルされた。

その他の空港でもキャンセルや遅れが相次ぎ、11時現在、全国で発着が予定されていた892便中、173便(19.4%)が遅れ、74便(8.3%)がキャンセルされた。

航空会社職員のストは8.5%の給与調整を含む労働条件改善を求めたもので、22日午後の総会後も同様のストが繰り返される可能性がある。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Vic Mart/Fotos Públicas)
1月22日、サンパウロ市。コンゴーニャス空港でストライキを行っている航空会社職員による集会

■関連記事
SNSを通じて2014年に生じた商取引額は、世界11カ国で2270億ドル。450万人の雇用確保に
サンパウロ市、2015年は路上のカルナヴァウが白熱!? 登録ブロッコ数、2014年より100団体増
サンパウロで今年2度目の公共料金値上げ反対デモ
ブラジル政府、インドネシアでのブラジル人死刑執行に抗議。駐インドネシアの大使を召還
【ブラジル】消えゆく先住民族文化。15年後には先住民族言語の30%が消滅か

このエントリーをはてなブックマークに追加