• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオデジャネイロ州でカーニバル中に銃撃戦で死者。パレードが一時中止に

パラチ市

リオ州パラチ(市)で15日未明、麻薬密売者同士の銃撃戦が起き、死傷者も出たと同日付「G1」サイトが報じた。

銃撃戦が起きたのは、市中央部マトリス広場でのブロッコのパレードの最中で、麻薬密売組織のメンバー2人がライバル組織のメンバーの殺害を試み、狙われた男性の仲間が応戦。広場にいた聖市からの観光客などが巻き込まれて怪我をした。

負傷者は当初10人とされたが、同日午後、2人組に狙われて胸や顔などに11発を浴びた23歳男性が市内の病院で死亡し、死者1人、負傷者9人に訂正された。

警察は同日午後、最初に攻撃した2人組を発見。1人は逮捕され、未成年者も身柄を拘束された。

市役所は同日夜、同広場で行われるはずだったブロッコのパレードを中止。他の地区の行事は予定通り開催されたが、同広場での行事はその都度協議して開催の有無を決める。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)
写真は銃撃戦のあったリオデジャネイロ州パラチ市の市街地

■関連記事
サンパウロ、デング熱対策を強化。渇水危機と暑さの副産物
水不足のブラジルで、節水のためのアイディアや技術革新、続々と
水不足を受けて、サンパウロ州基礎衛生公社が下水処理など水の再生利用への取り組みを推進へ
ドローンがデング熱対策で活躍
北東部における風力発電の成功事例に注目集まる。渇水からの電力不足を背景に

このエントリーをはてなブックマークに追加