• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル北東部に、7年前に建設が始まって以来、一度も使われていない未完の巨大サッカースタジアムがあった

セルタゥンのコロッセオ

2014年ワールドカップに間に合わなかった公共工事の話題が尽きないブラジルだが、未完成の巨大構築物に関するニュースがまた一つ飛び込んできた。

TVグローボが3月27日、番組「ボンジーア・ブラジル」で伝えたところによると、7年前にセアラー州のセルタゥン(内陸の、一部砂漠化した乾燥地帯)に建設が始まった競技場『セルタゥンのコロッセオ』が、未使用のまま7年が経過したという。

同競技場はセアラー州のアウト・サント市が130万レアル(約5200万円)以上かけて建設中だ。ローマのコロッセオ風の外壁は完成しているが、中は未完成のまま。そのため、今まで一度も使われたことがない。

それ以前に、そもそも同市はサッカーチームを持っていない。サッカーチームの創設は市にとっては5年来の悲願だが、まだチームの結成には至っていない。

セルタゥンのコロッセオ

市民の競技場に対する期待は大きいが、街行く人の思いは様々だ。

「まだ建設中だけど、そのうち試合が見られるようになる。そんなに先の話じゃないと思います」

「きれいな外観はずっと見てきたけど、中で行われたイベントは今まで一度も見ていないんです」

外壁だけは州内トーナメント大会より前に出来上がっていたが、中の客席は設置されておらず、芝生だけはいつ始まるかわからない試合のために7年間手入れを受け続けている。

アウト・サント市は競技場をあと2か月で開放できるとしているが、当面、スタジアムで活躍できるのは消防隊員、軍隊、安全検査のための技術検査員のみとなる見込みだ。

(文/余田庸子、写真/Reprodução/Bom Dia Brasil/TV Globo)
セルタゥンのコロッセオ・スタジアム、「ボンジーア・ブラジル」より。TVグローボのニュース番組「ボンジーア・ブラジル」はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴のお問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで)

■関連記事
リオ発祥のビーチスポーツ「フレスコボール」初のワールドカップ大会、ブラジルが各部門上位3位で入賞。日本は男子ペアで参加
ブラジル全国で、未成年へのお酒の無償提供・販売が禁止に。違反には厳罰、広告も規制対象に
外国人にとってはショック(?)な「8つのブラジル人の習慣」とは
「ミシュランガイド」初のブラジル版が発売に。和食店も星を獲得
第2回 名古屋ブラジルフェスタは2015年5月30日(土)、31日(日)に開催

このエントリーをはてなブックマークに追加