• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルにも刺さった「SASARU project~地球の刺さり方」のKozeeさん、雑誌「TRUNK」で連載スタート

sasaruプロジェクト連載スタート

Kozee氏は、日本のカルチャーを世界中に伝えるべく、2014年から「SASARUプロジェクト~地球の刺さり方」と題して世界一周の旅へ出ている冒険家だ。

2014年のワールドカップブラジル大会期間中にはMEGA BRASILで「地球の刺さり方 ブラジル編」を連載。独自の目線から現地レポートを届けてくれた。

ただの旅好きな若者ではない。旅をする中で、自身の心に「SASARU=刺さる」場所、人、食べ物などに、マップ上のピンさながらに頭から刺さって(刺さっているんです!)、マーキングしている。

これはダンサーでもある彼だからなせる技。世界遺産などの大自然に刺さる写真は”2度見”必須、インパクト大だ。

そんな世界に刺さっているKozee氏の連載が、雑誌「TRUNK(トランク)」(ネコ・パブリッシング)でスタートした。

その名も「NO BODY CAN STOP KOZEE!! SASARU PROJECT」。

「TRUNK」

「TRUNK」は、もっと面白く生きたい!と願う、すべての女性を応援する旅&アクションエールマガジン。旅好き、人が好き、ワクワクが好きな人たちのココロに刺さる旅やスポット、遊び方の提案が凝縮して詰め込んであるというから、Kozee氏の活動にぴったりマッチしているではないか。

おっと、Kozee氏の写真や文章は、女性だけでなく旅好きのアクティブな男性にも刺さる(?)内容になっているので男子の皆さんもお楽しみに。ガイドブックには載っていない世界各地の情報も盛りだくさんだ。

ブラジルは、心に「刺さった」国のひとつだと語るKozee氏。初回のコラムには、ブラジルでの経験談も。

「ブラジル人って陽気な親日家が多いから、日本人に超優しいんだ。僕はポルトガル語が全然わからないので、『何言ってるのかわからないよ!』と英語で伝えると、その内容をまたポルトガル語で熱く説明してくれる(笑)」(TRUNKより)

今後、ブラジル滞在中の写真やエピソードも掲載していく予定だという。旅好き、ブラジル好きの皆さんは、要チェック!きっとあなたも刺さりに行きたくなるはずだ。

雑誌「TRUNK」は、4月2日(木)より全国各書店、コンビニで販売。販売価格は800円(税抜)。八重洲ブックセンター本店では、1Fメインフロア、B1F、8Fの3フロアでSASARUパネルやポスターなど、店内で大々的に展開中!

Kozee プロフィール
原宿生まれ原宿育ち。ダンスを通じてNYで生活したのがキッカケで海外へ興味を持ち、昨年から世界一周の旅へ。旅中に自身の心に「SASARU=刺さる」場所、人、食べ物などに、自らがピン(Google Mapのピンのイメージ)になり、実際に頭から刺さってマーキングする「SASARU project~地球の刺さり方」を実行中。
Facebook: www.facebook.com/kozee.kido
Instagram: kozeesasarukido
MTV81で「SASARU THE WORLD」コラム連載中
YouTubeで「SASARU-TV」更新中

(文/柳田あや、画像提供/ネコ・パブリッシング)

■関連記事
ブラジリアでデモ隊と警察が衝突
サントスの燃料タンク火災、192時間を経てようやく鎮火
リオ出身のイラストレイター、フィリペ・ジャルジン、そごう・西武の「Oi! Brasil サンパウロに恋して」に参加
サンパウロのスーパーマーケットで、サトウキビ由来の素材を使った新レジ袋の利用はじまる
金閣寺売却の可能性浮上!? 所有者は否定

このエントリーをはてなブックマークに追加