• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

出会う人はみーんな友達!? 旅行中にたくさんの友達を作る国民、1位はブラジル人

仲良し犬と猫

ブラジル人は旅行中にもっとも多くの友達を作る国民だということが調査で分かったと、現地メディア「G1」が報じた(5月12日づけ)。

メルキュールホテルチェーンが委託した市場調査会社が、13ヶ国、16歳から65歳までの5000人を対象に行った調査によると、旅行中に友達を作ると回答したブラジル人は84%で、世界平均56%をはるかに上回ったという。

そのうち51%は何度も友達を作ったことがあるといい、1度だけと回答したのは33%だったという。

統計では世界のほとんどの国や地域では、この習慣は35歳以下に多く見られたが、ブラジルの場合は年齢関係なく、全ての年齢層のあいだで普及しているという。

一方で、日本人で旅行中に友達を作ると回答した人はたった11%。日本人観光客はこういった習慣や興味が少ないようだと、記事は述べている。

また、旅行の際に「友達の友達」と連絡を取るかどうかについても調査。

世界平均45%に対し、ブラジル人は67%がこの習慣を持つと回答し、中国人に次いで2番目に多いという結果に。

さらに、その目的は何かを聞いたところ、ブラジル人の52%はその目的地ですべきことのヒントをもらうため、44%は緊急時の連絡先として、39%は旅行中に一緒に出かけてくれる人を持つためと回答したという。

一方、同じ質問に対し、日本人はまたも20%と最下位。

ドイツ人、フランス人、オランダ人も、「友達の友達」と知り合うことに対してはそれほどオープンではないという結果が出たという。

ブラジルのパラナ州出身で、ラテンアメリカ各国を1年以上旅したレオナルド・マセイラ君(24)は、いつもどこに行っても友達を作るという。

「1人で旅するけれど、1人ぼっちだと思ったことがないよ。どんな場所でもだれかに知り合う。僕に鍵を渡して、家を自由に使わせてくれた人たちまでいたよ」と彼は言う。

レオナルド君にとって、その土地に暮らす人々と友達になることは、ありきたりの観光から抜け出すための最良の方法だという。

「すばらしい文化や地元の人たちだけが知っている場所をたくさん知るための方法だよ」

周囲の人々が彼に協力的なのは、外国人がブラジル人に対してプラスな共感を持っているためでは? と、レオナルド君は言う。

「『僕はブラジル人です』と自己紹介すると、いつもポジティブな反応をしてくれる。みんな僕の国のことを知りたいと言うんだ」

多くのブラジル人がもともと持つフレンドリーさも、この結果に大いに影響していると筆者は感じる。

ブラジルに旅行に行くと決めた際にも、日本在住のブラジル人の友達が、私にとっては初対面となる現地の友達を何人も紹介してくれた。

当初は、「この人たちは見ず知らずの日本人を泊めることに抵抗は無いのかしら。なんだか悪いな・・・」と思ったものだが、いざ行ってみるとそのように気をもんでいた時間がとてもバカらしく感じてしまった。だって、誰一人気にしていないのだから(笑)。

結果的に、友達の友達の友達の家にまで滞在することになり、友情(アミーゴ、アミーガ)の輪がどんどん広がっていくブラジルならではの”習慣”を目の当たりにした。

「友達の友達は友達!」という考えと、余計な遠慮をしないという多くのブラジル人の持つ気質が、よく数字に現れた調査だと思う。

もちろん人によりけりだとは思うが、基本的にはブラジル人は国内でも国外でも友達作りが上手な国民だといえそうだ。

以下、旅行中に友達を作ったと回答した国民別ランキングだ。

1位:ブラジル人 – 84%
2位:イタリア人 – 73%
3位:中国人 – 71%
4位:スペイン人 – 63%
5位:ポルトガル人 – 61%
6位:オーストラリア人 – 57%
7位:ベルギー人 – 56%
8位:ドイツ人 -54%
9位:フランス人 – 46%
10位:オランダ人 – 44%
11位:イギリス人 – 44%
12位:日本人 -11%

(文/柳田あや、写真/Bruno Covas)

■関連記事
万引き犯の事情を知った警官、保釈金を支払う
ロックを路上に! サンパウロで「ギターパレード」開催
鬼太郎もびっくり!? 四角いビーチサンダルが注目集める
阪急うめだ本店でアマゾンフルーツフェア開催
ジウマ大統領がジョー・ソアーリスと会談。「プログラマ・ド・ジョー」への出演を約束か

このエントリーをはてなブックマークに追加