• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで5月25日は「オタクの日」に。オタクが多いのはリオグランジドスウ州とサンパウロ州!?

ブラジルのオタク事情

5月25日、ネット通信販売大手「Amazonブラジル」が「ブラジル一オタクな都市」を発表し、その1位として、サンパウロ州のリオ・クラーロ市が選ばれた。

Amazonブラジルによると、この25日を「オタクの日」としたのは、この日がSF映画の代名詞とも呼ばれる名作「スター・ウォーズ」が世界ではじめて公開された日だからだという。

欧米諸国で「オタク(NERD)」というと、一般的にはSFやスーパーヒーロー漫画のファンのことを指し、中でも、1977年公開の「スター・ウォーズ」はその元祖的存在だ。

Amazonブラジルが、人口10万人以上の市で同サービスを通してスター・ウォーズ関連書籍を購入した数を人口1人あたりの購買数に換算して、どこが最もオタクかを割り出したところ、リオ・クラーロ市が最も多いとの結果が出た。2位はブラジル北東部のペルナンブッコ州のカルアル市、3位は南部サンタカタリーナ州州都のフロリアノーポリス市が入った。

上位10市を見ると、わりと人口の少ない街も入っているが、リオ州のニテロイ市(5位)やリオグランジドスウ州のポルトアレグリ市(6位)、サンパウロのサンカエタノドスウ市(7位)、同じくサントス市(8位)といった大都市も目立つ。

また、スター・ウォーズの作者、ダグラス・アダムス氏の著作の購入が最も多い都市はリオグランジドスウ州のノーヴォ・アンブルゴ市。また、スーパーヒーローに関する著物では同じくリオグランジドスウ州のバジェー市、現在、ブラジルでもケーブルのHBOで放送中の人気ファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」関連の本の多さでではサンパウロ州のヒベイラォン・ピリス市が1位となっている。

全体的にリオグランジドスウ州とサンパウロ州にオタクが集まる傾向があるようだ(25日付「フォーリャ紙」サイトより、28日掲載)。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Cido Marques/FCC)
写真は2014年8月にパラナ州クリチバ市で開催されたSFの祭典トレックコン(第18回)

■関連記事
デング熱の死者290人に…感染のピークは超えたものの
伊勢丹新宿店のブラジルウィーク「ブラジル・ファンタスチコ! 祝彩楽園ブラジル」6月3日より開催
JICA横浜 海外移住資料館で「移民画家 半田知雄の世界」展開催
ブラジルの「スタートレック」ファンの集い、トレックコン
第2回 名古屋ブラジルフェスタ2015 会場MAP & 出店リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加