• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルのお土産物屋では「処女のおしっこ」を売っている!?

バンビのピンガ

クリスマス休暇はバイーア州のビーチ・リゾート、「プライア・ド・フォルチ」へ行ってきました。

旅行に行った時の楽しみの一つとして、くだらないお土産を見つけることがあります。毎回、下らないお土産ばかり紹介していると人間性を疑われそうですが、別に疑われたところで減るものもなさそうなので、今日も張り切ってご紹介します。

ピンク色の液体が入ったビンには、あのディ○ニーのキャラクター、バ○ビらしき絵が表示されています。おそらく著作権法をサクッと違反しているのではないかと思いますが、そんなことを気にするバイアーノではありません。しかし、なぜバ○ビ?

PINGA(ピンガ)と書いてあるので、サトウキビから作ったブラジルの蒸留酒であることは分かります。商品名は「PINGA GAY(ピンガ・ゲイ)」です。

ピンク色、ゲイ…。あっそうか、ゲイ=同性愛者ということかな。でも、何故こんな可愛らしいラベルが貼ってあるのだろう。バンビは、確かディ○ニー映画の主人公の小鹿の名前です。小鹿? あっ。

小鹿と言えば、ポルトガル語のスラングでVeadinho(ヴィアジーニョ)、つまり、おかまちゃんのことです。

ピンガ・ゲイの隣にはさらにいろいろなラベルの蒸留酒が。

処女のおしっこ

「Xixi de Virgem(処女のおしっこ)」。ラベルには「Um líquido muito raro(とても希少な液体です)」、「Beba já!(今すぐ飲もう!)」とも書いてあります。

「Na bundinha e lembrei-me de você(おしりに、君を想う)」。こちらのラベルには「De pai para filho desde 1924(父から息子へ1924年創業)」と書かれています。

ちなみに、熟成蒸留酒は、ウイスキーのような黄金色をしています。

アキバ系ピンガ

こちらは、ラベルは普通ですが、ビンの首にアキバ系(?)のセクシーなフィギュアが付いています。ウエストとヒップの比率がオカシイ?

(写真・文/唐木真吾)

■関連記事
ブラジルのシュールなお土産たち
取締役が平社員に扮して現場に潜入!  ブラジルでテレビ番組「お忍び上司」が話題に
アマゾンの滋養強壮酒、ガラピンを飲んでみた
ミス美巨尻コンテスト2015の候補たちが、ビキニで街をキャットウォーク
ブラジル各地でサンバカーニバルに向けてイベント続々

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。