• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

他人の家で100%くつろぐブラジル人、影でグチを言う日本人

くつろぐブラジル人

ブラジル人の家にお邪魔すると必ずといっていいほど「自分の家にいるようにくつろいでいいからね」と言われます。ここで言う「くつろいでいい」というのは、ブラジルの場合、言葉通りに理解して良いようです。

ブラジル人は、本当にくつろぎます。

以前、自宅に友人を呼んだ時、友人は主人が勧めもしないのに、ソファにどかっと腰を下ろしてくつろぎ始めました。

彼は、「のどが渇いたから」と言って水を所望してきました。また、友人を呼んだホストであるぼくが、台所でお茶を用意したり、食事の用意したりと忙しくしている間、友人はソファで雑誌やテレビを見てくつろいでいました。

「こいつ、本当にくつろいでるよなあ」と思ったものです。

彼が特別というわけではなく、ブラジル人は一般的に他人の家でもくつろぐのが得意なようです。

ただし、ブラジル人がくつろいで手伝ってくれないからといって、別に腹が立ったりはしません。むしろ、ホストとしてはもてなすことに徹することができますし、めしを食わせれば「うまい」と言って喜んでくれるので、分かりやすくて良いです。

日本でもお客さんが家に来たときは「遠慮せずゆっくりしてってくださいね」と言われるかもしれないですが、ブラジル人のように遠慮せずゆっくりしていったら、「迷惑な人」というレッテルを貼られ、もう二度と呼んでもらえない可能性があります。

日本人は、お客さんもホストも、お互いに対して”求め過ぎ”な人が多いのではないかと思います(次ページへつづく)。

(文/唐木真吾、写真/Daniel Filho/Flickr)
※写真はイメージです

■関連記事
ブラジルのクリスタルキング(?)が歌うヒット曲
サマルコ社の鉱山廃水ダム決壊事故、史上最悪規模に認定
周辺の河川の汚染物質が許容量の13,000倍。ミナスジェライス州鉱山廃水貯蔵ダム決壊事故で
リオ五輪、スタジアムスタッフを7割、ボランティア人員も2割削減
謝らないブラジル人、謝り過ぎる日本人

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。