• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

意外と知らないブラジルの都市名の由来「マナウス」

ブラジル マナウス 名前 由来

アマゾン河の流れるアマゾナス州はブラジル最大の州です。その州都であるマナウスの名前は、もともとこの地に住んでいた部族マナオス(Manaós)の名前に由来しています。

マナオスという名前は、彼らの言葉で「神の母(Mãe de Deus)」という意味があります。

マナウス建設の経緯を振り返ってみましょう。

1542年にスペイン人のフランシスコ・デ・オレリャーナがネグロ川を下ってアマゾン河を発見してからおよそ100年後の1639年、ポルトガル人のペドロ・テイシェイラ(Pedro Teixeira)がアマゾン河をポルトガルの統治下に収めます。

マナウスは、ポルトガル人がアマゾン一帯の領有を主張するために建設された拠点でした。テイシェイラがアマゾンを支配した30年後の1669年に、ネグロ川の聖ヨセフ要塞(Forte de São José da Barra do Rio Negro)が建設され、アマゾンの植民地化が進められました。この要塞を中心として、現在のマナウスの町が形成されていきました。

ブラジルに来たポルトガル人は、土着民に移住を強制し、カトリックの宣教を容易にし、また、土着民を労働力として使役します。突然やってきた白人から、別の場所への移住を命じられ、かつ、カトリックへの改宗を迫られ、さらに労働力としてかり出されたインディオは、それを喜ぶ訳がありません。土着民は当然反抗しましたが、ポルトガル人はこれを武力によって抑えつけました。

マナウスの町の語源ともなっている部族、マナオスのリーダーであったアジュリカーバ(Ajuricaba)は、ポルトガル人の支配に不満を持つ周囲の部族と連合組織を組み、ポルトガルの支配地を襲いました。アジュリカーバ率いる反乱軍とポルトガルとの対立は1723年から1727年まで続きました。

その後、ポルトガル側の弾圧により、アジュリカーバは捕えられ、反乱は鎮圧されました。アジュリカーバの他に2,000名の土着民が捕えられ、奴隷としてベレンに移送されました。

アジュリカーバが手枷をされて、小舟で移送されている時のこと、アジュリカーバは川の中に身を投げます。彼は、奴隷として生きるよりも死ぬことを選んだのです。このように、マナウスという町の名前からは、自分の土地を守るために戦った勇士の歴史を感じ取ることができます。

(文/唐木真吾、写真/Gabriel Smith/Flickr)

■関連記事
カブラル?誰それ?ポルトガルで風化するブラジル発見者
マンゴーと牛乳を一緒に食べると死ぬ!? ブラジルの迷信
アンゴラから見たブラジル
アテネで採火。聖火がいよいよブラジルへ
ザ・コンランショップがブラジルをテーマにコレクションを展開

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。