• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

コルプスクリスチ(聖体の祝日)名物、砂のカーペット

コルプスクリスチ カーペット 砂

5月26日(木)、ブラジルは「コルプス・クリスチ(Corpus Christi、聖体の祝日)」と呼ばれる祝日でした。

「コルプス・クリスチ」は、「キリストの身体」という意味があります。Corpusというのは、ラテン語で「体、かたまり」という意味の単語です(キリストの身体と聞いて、思わずジョニィ・ジョースターが思い浮かぶ人は、ジョジョの読みすぎです)。

この日、カトリック教会では、キリストが自らの身体を犠牲にして人々の罪の清算してくださったことを感謝する宗教行事が行われます。

コルプス・クリスチの日には特別なミサが行われ、行事の間に司教が街中を通る儀式が行われます。司教たちが歩くための道は、カーペットや花などで華やかに飾られます。道を飾る習慣は、ブラジルではミナスジェライス州のオウロ・プレットが最初に始めたそうで、ブラジル各地で趣向を凝らした飾り付けがなされるのが見どころでもあります(次ページへつづく)。

コルプスクリスチ 砂

(文/唐木真吾、写真/Tomaz Silva/Agência Brasil)
5月26日、リオデジャネイロ、カテドラウ・メトロポリターナ。コルプス・クリスト(聖体の主日)名物の砂絵のじゅうたん。花や、色をつけた砂やおがくずなどで、教会前の道にキリストゆかりの絵が描かれる

■関連記事
中国の「史上最も酷い人種差別広告」が世界中で炎上
ブラジルの多様な食文化が集合。伊勢丹新宿店「ブラジルウイーク」
伊勢丹新宿店「ブラジルウイーク」に貴重なカシャッサが上陸
景気低迷の長期化でブラジルの社会階層の構成に変動
ブラジルの為替相場、1ドル3.6レアルまで下落

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。東京在住。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2012年に食品会社に転職し、ブラジルに5年8カ月間駐在。2018年2月に日本へ帰国。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、日本人の少ないブラジル北東部のさらに内陸部(ペルナンブーコ州ペトロリーナ)から見たブラジルを紹介している。