• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ロート製薬、ブラジルへの進出活動について

マイラ・コズメチコス

ブラジルに初めて来たのは2009年の夏で、最初に驚いたのはアポイント取得の難しさだった。

出発前に各方面にメールで依頼したが、日系企業の方々とは約束できたが、非日系の団体や企業とはできなかった。

しかし、ABIMIPという一般薬協会だけは受けて貰え、事務局のG氏と面談できた。一つできると、そこから芋づる式に多くの企業や人々と面談でき、アミーゴ社会とはこの事かと認識した。

当初のミッションは新ビジネスを探せという事だった為、商工会議所事務局長の平田様にお願いし、様々な業界の
方々を紹介して頂いた。雑誌やレストラン、酒造メーカー、服飾デザイナー、事業家等多岐に渡った。

面白い事例では、有名な和食レストランの買収案件があった。間に立つ料理学校の先生と一緒にオーナーに会いに行ったが、本業とのシナジー効果を実験するにしては、レストランが本格的過ぎた為に買収価格が高過ぎて断ってしまった。

またアマゾンの植物研究所で医療効果等のある多くの植物抽出エキスにも出合ったが、本社の研究所が当時興味を持っていた事柄に合うものが無く、ただ私の知識になっただけに終わっている。

しかし、これらの経験はブラジルを色んな側面から知る事ができ、非常に有難かった。当時お世話になった方々には大いに感謝している。

ブラジルへの進出方法については、我々メーカーの場合、大きく分けると(①商品輸入会社を作って、輸入又は生産
委託から始める。②現地の企業と合弁する。③現地企業を買収する)の3つが考えられた(次ページへつづく)。

(文/上島英郎、記事提供/ブラジル特報(日本ブラジル中央協会)、写真/Reprodução)
写真はマイラ・コズメチコスのHP

■関連記事
写真集「回帰するブラジル」を語る 渋谷敦志氏 講演会
ブラジル、8月のインフレ率は伸びが鈍化
カルロス・トシキ、デビュー30周年でブラジルから来日
リオデジャネイロ・パラリンピック開会式 写真集
スペインの老舗企業と提携か。世界を見据えるリオの老舗化粧品ブランド「グラナード」

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加