ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

7月17日(土)、清水エスパルスのブラジルデーでモニカがコラボ

国民的マンガ「モニカの仲間たち」は駐日ブラジル大使館の壁面にも描かれている(撮影/麻生雅人)

もっともブラジルを感じさせるJリーグのチーム、清水エスパルス。

クラブ創設以来、初代監督にブラジルの名将エメルソン・レオンを招聘するなど、多くのブラジル人選手・スタッフが所属。ブラジルサッカーをベースにチームづくりをしてきている。

そして、それ以上に、ブラジルらしさを感じさせるのが、サンバを主体としたその応援スタイルだ。

私は、ブラジルではサントスだが、Jリーグでは清水エスパルスを応援している。そんな清水エスパルスが、ブラジルデーを開催する。

川崎フロンターレ戦が行われる7月17日(土)がブラジルデーとなる。

この日は、清水エスパルスのホーム、日本平のIAIスタジアムでは様々なイベントが行われる。

今イベントのキーフレーズは、“TAMO JUNTO”。“Estamos Juntos”「共に闘おう!」という意味だ。

まず、来場者全員に、ブラジルデーオリジナルTシャツがプレゼントされる。

キーフレーズ“TAMO JUNTO”のロゴをメインに、バックにはブラジルの国の形がデザインされたなかなか魅力的なオレンジ色のTシャツだ。思わず欲しくなる。

ブラジルの伝統的格闘技「カポエイラ」の体験会や地元 静岡で活動するサンバチームの来場、そしてブラジルグッズの販売なども行われる。

しかし何といっても、今回の一番の目玉は「Turma da Monica(モニカの仲間たち)」とのコラボレーションだろう。「Turma da Monica(モニカの仲間たち)」は、ブラジルでもっとも人気のあるまんが/アニメーションだ。

おてんばな女の子モニカを中心にその仲間たちとの交流を描いている。日本でいうと、「サザエさん」や「ドラえもん」といった感じだろうか。いや、清水エスパルスとの由縁を考えると「ちびまる子ちゃん」といった方がよいかもしれない。

当日の来場者には抽選で「Turma da Monica」のぬいぐるみがプレゼントされるほか、モニカと清水エスパルスのコラボ商品の販売も行われる。

清水エスパルスのユニフォームを着たモニカと仲間たち。そんなグッズは、モニカファン、エスパルスファンでなくても欲しいものだろう。

Jリーグ随一の強豪 川崎フロンターレが相手なので厳しい戦いを強いられることが予想されるが、ブラジル人選手を中心に頑張ってほしい。

キックオフは、7月17日(土)18:30。興味のある人は、ぜひ日本平のIAIスタジアム(静岡市清水区)へ。

また試合に行けない方はもちろん、試合後もグッズは清水エスパルスの公式オンラインストア(https://store.s-pulse.co.jp/ja/?utm_source=club-site&utm_medium=referral&utm_campaign=clubsite-navigation-2nd-fan-goods)で販売される。

(文/コウトク)

■関連記事
おめでとうメッシ!ネイマールも祝福。コパアメリカ2021はアルゼンチンが28年ぶりに優勝
故・手塚治虫さんとの交流で知られるブラジルの国民的人気漫画家マウリシオ・ヂ・ソウザさんが手塚眞さんと初対面
「モニカ」作者のマウリシオ・ヂ・ソウザさん平成25年秋の外国人叙勲・旭日小綬章を受賞
駐日ブラジル大使館の壁面にモニカと仲間たちが登場
コパアメリカ2021、決勝はブラジル対アルゼンチンのライバル対決に

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。